【水中写真の始め方】ダイビングのライセンスの取り方|失敗しないスクール選び

まずはじめに

悩む人

スキューバダイビングのライセンスを取りたいけど、何から始めていいかわからない

ゆーたそ

そんな人のために、今回は簡単にライセンスを取る方法を紹介するよ

この記事を読むとこんなことが分かります

・ライセンスの種類
・スクールの選び方
・費用はどれくらい。
・必要な日数、どんなことをするか、難しい?

スキューバ×カメラの楽しさ・魅力についてこちらの記事で紹介しています。

目次

ライセンスの種類

同じオープンウォーターダイバーにも取得する団体によって違いがあります!

先生

どの団体でライセンスを取得するのかによって、
その後のステップアップとかの方法とかが変わってくるんや!

結論だけ言うと、SSIかPADI選んどけば問題ないです。

ダイビング指導団体の2トップです。実績も確かです!

SSI加盟国は世界110ヶ国以上、加盟店は2,400以上
PADI加盟国は世界180ヶ国以上、加盟店は5,800以上
ゆーたそ

ちなみに僕はSSIだよ〜

一緒に潜りたい人がいるのであれば、同じ指導団体を選ぶことをおすすめします!

国や場所によってはSSIしか潜れない、PADIの〜ライセンス以上といった制約がある場所があるからです。
一緒に行っても、片方しか潜れないなどとならないようにしましょう!

スクールの選び方

まず気になるのはダイビングスクールの選び方ですよね。

悩む人

機材の押し売りとかがあるって聞くから怖い…
失敗したく無い…

ゆーたそ

確かに、スクールを調べると機材の押し売りを良く目にします

機材をスクールで買わないと、冷たい対応をされる、毎回強く勧められて辛い…

ダイビングスクールは、ライセンスを取る時だけではなくその後も長く付き合っていくものです。
慎重に選んで良いダイビングスクールに入りたいですよね!

では、そんな優良ダイビングスクールをどのように選べば良いか?
3つポイントを紹介したいと思います。

  1. どんなスクールがあるか知る
  2. スクール選びの注目ポイントを知る
  3. 下調べをする
  4. イベント等に参加して見る

どんなスクールがあるか知る

まずは、これを知らないと始まりません。

あなたのお住いの地域(都道府県)プラスダイビングスクール」と調べると沢山出てくると思います!

通いやすい方がライセンス取得後も楽なので、ある程度の場所ぐらいは把握しておきましょう。

スクール選びの注目ポイントを知る

まず、スクールのどのようなポイントを見れば良いのかを紹介します。
これを知らないと、公式サイトなどを見てもどこを見れば良いか分かりませんよね!

公式サイトやブログを見て、以下のポイントを見ましょう。

  • 店舗の場所
  • 海洋実習の場所
  • ライセンス取得費用の総額
  • 取得できるライセンスの種類
  • イベントやツアーの情報

店舗の場所

先ほども言いましたが、通いやすさは重要です。
あまりに遠いスクールはやめておきましょう!

なぜかと言うと、ライセンス取得後にも行くことがあるからです。

スクールの人は、生徒がライセンスを取るまでの過程を見てくれています。
なので、もっと上達したいとあなたが思った時に面倒を見てくれるのはスクールの人です!

全く知らないツアーに参加してアドバイスしてくれ!と言っても中々アドバイスは難しいものです。
してくれなくは無いですが、スクールの人に比べると的確なアドバイスは難しいと思います。

なので、今後も付き合って行くことを考えて通える範囲のスクールを選びましょう!

ゆーたそ

僕の目安は1時間程度までかな!

海洋実習の場所

ライセンス取得までに海に実際に潜る海洋実習があります!

どこの海に潜りに行くのかは事前に知っておいた方がいいと思います。
大阪では、白浜や串本がメジャーですね。

あまり聞かない場所でやるという場合には、どのような場所なのか調べて見た方がいいと思います。
他のダイビングスクールも使っている場所なのかなど…

ライセンス取得の時も、綺麗な海に潜って楽しみたいですよね!
そのために、海洋実習の場所は事前にチェックしておきましょう。

ライセンス取得費用の総額

ライセンス取得までにかかる総額の表示があるかを確認しましょう。

ゆーたそ

ここめちゃくちゃ大事だよ!

公式サイトには、19800円でライセンス取得可能!
と書いてあるけど、実際に申し込んでみると6万円近く支払わされた。
そんな悪徳なサイト作りをしているスクールも中にはあります。

差額である4万円は、何の費用なのかというと

  • テキスト料金
  • 機材のレンタル費用
  • プール使用料
  • 海洋実習時の宿泊料
  • 海洋実習時の送迎費

上記のような費用が、表示価格に入っていないことがあります。

申し込み前に、どこまでの費用が表示価格に入っているのか・他にはかかる費用があるのか確認しておきましょう!

取得できるライセンスの種類

ダイビングのライセンスにはいくつか種類があります。

普通ライセンスを取得するというと「オープンウォーター」というライセンスになりますが
たまに、その下の「スクーバダイバー」の取得になっていることがあります。

スクーバダイバーは、オープンウォーターより潜れる深さなどに制限があり、すぐにステップアップの必要があります。

ゆーたそ

深さやバディに制限があって、自由に潜れないよ!

結果、せっかくライセンスを取ったのに、すぐにステップアップの講習を受け、講習費用を払わなきゃいけなくなります。

きちんとオープンウォーターのライセンスが取得できることを確認しておきましょう!

イベントやツアーの情報

スクールが開催している、イベントやツアーがあるかを確認してみましょう。
こちらは、確認必須ではなくスクールの雰囲気などを確認するためなので、できればぐらいです。

イベントでは、客層(年齢層や人数)・スクールの方の雰囲気・全体の雰囲気を見られます。

ツアー情報などは、あなたがどこか潜りに行きたいと思った時にそこに行けるかを確認しましょう!

悩む人

え〜、ライセンス取ったら勝手に好きな場所で潜れるんじゃないの?

先生

一応ライセンス状バディを組めばどこでも潜れるで。
でも、取ってすぐの2人で潜って怖くないんか?

ライセンス取得後すぐに自分達だけで潜るのは怖いと思います。
今まですぐ側で何かあったら助けてくれていた先生がいないんですから!!

そのため、日本人はスクールが開催しているツアーなどに参加することが多いです。

ゆーたそ

スクールの人と潜れるから安心だね!
人脈も広がってすごく楽しいよ。

そのため、例えば沖縄で潜りたいという希望があるのであれば、そこのスクールが沖縄行きのツアーを開催しているか確認しておくといいですよ!

下調べをする

上記のポイントを確認して「良さそう」と思えたスクールがあるのであれば、さらにそのスクールの下調べをしましょう!

主にやっておくのは、口コミを見ることです。

どんなスクールでも、大抵口コミというのがネット上に書かれています。
(参考:https://www.divingstyle.net/divingshop_city.php

「〜ダイビングスクール 口コミ」などで検索してみてください。

機材の押し売りが激しくて・・・初期費用が高かったなどの口コミがなければ問題ないと思います。

イベント等に参加して見る

イベントというのは、ダイビング業界で行われているようなイベントです。

僕が申し込んだダイビングスクールが、イベントに出店するとの情報があったので申し込む前に行ってみました。

スクールの方とも色々な話ができて、金額などの不明点を全て聞くことができとても良かったです!
イベントに行った人だけの割引とかもあって、格安でライセンスを取ることができました。

スクールの方の雰囲気とかも掴めたので、行って良かったなと思いました。

僕が実際に行ったイベントはこちらです!

event

カメラの機材や、ダイビングやサーフィンのグッズなど色々な店が出店していたので、普通に楽しかったです!
歩いているだけで、色々なサンプル(日焼け止めなど)をもらえるのでお得感もありました。

チケットは、ダイビングスクールの人に言うと無料でもらえたりするので、一度聞いてみるのも有りです!

費用はどれくらい

費用は、おおよそ3万円〜6万円が標準的です。

海洋実習の場所や、講習費用などはスクールでまちまちなので一概には言えません。

ですが、この費用より明らかに安い・高いと言う場合は注意が必要です!

何で安いのか、何で高いのかをしっかり理解した上で、申し込みをするようにしましょう!
特に安いのは、機材の購入を前提としていたりと、思わぬ費用が発生するケースがあるので要注意です。

必要な日数、どんなことをするか、難しい?

おおよその流れは、事前学習・プール実習・海洋実習の3ステップです。(※SSIの場合です)

それぞれに必要な日数は、以下のとおり。

  • 事前学習:1週間(本気出したら3日)
  • プール実習:1日
  • 海洋実習:2泊3日(金土日でいけます)

簡単に各ステップでどんなことをするのか紹介します。

僕の経験をもとに書いているので、内容や順序は多少変わります。

STEP
事前学習

SSIのアプリをインストールしてテキストを読みます!

テキストを読んで、小テストの繰り返しです。
(小テストは何度でも受け直せる)

ここでは、ダイビングで必要な基礎的な知識を学ぶことができます!

STEP
テスト・プール実習

プール実習の前に、テキスト内での疑問点などを確認します。
その後簡単なテストを受けます!(落ちたら見直してすぐ再テスト)

基本、アプリの小テストから出題されます!

その後、プール実習があります。

プール実習では、機材の名称や使い方を実践しながら復習します。
プールに潜ったら、中性浮力の感覚や、緊急時の対応について教えてもらえます!

ゆーたそ

プールでの実習はすごく大切だよ!

STEP
海洋実習

海洋実習では、2日かけてみっちりダイビングの基礎を教えてもらいます!
1日2回ダイブします。

1日目は、プールで実践した内容を海でも実践します!
機材の使い方や、緊急時の対応についてが基本になります。

2日目も、同じように基礎的なスキルを教えてもらいます。
2ダイブ目は、指導というより先生に先導してもらいながらダイビングを楽しむだけ!

ゆーたそ

この日の経験が忘れられない!
すごく楽しかった!

以上でライセンス取得完了です!

最後に難易度ですが、めちゃくちゃ簡単とまでは言いませんが、誰でも取れると思います!

興味がない、全く勉強したくないという方はもちろん無理ですが。

実際、一緒にライセンスを取った方は、60代の方でしたよ!
俺でも取れんねんな!っておっしゃってました笑

まとめ

ダイビングは一生の趣味(宝物)

ライセンスさえ持っていれば、何歳になっても海に潜ることができます
40代〜60代の人が多いように感じます!僕なんかいつも最年少ですよ。

一生物のライセンスなので、ちょっとでも興味があれば取るだけ取ってみたらいいと思います。
人生のいい経験になると思います。

その他にも、海外や沖縄で「体験ダイビング」というのもできるので、迷っている人は体験してみるのもいいと思います。

スキューバダイビング×カメラは最高です!
この感動を経験するためにも、是非まずはライセンスを取得してみてください。

ゆーたそ

気になることとかあったら気軽に聞いてね〜

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる