【初心者向け】カメラを買ったらまず読むべき3つの記事まとめ

まずはじめに

カメラマン

遂にカメラを買ったぞぉ!
さてさて、良い写真が撮りたいけどどうやって撮るんだろう?
何から学べば良いんだろう?

今回は、初心者向けに、カメラを買ったらまず読むべき記事をまとめたいと思います。

僕が当時めちゃくちゃ役に立った本も紹介します!

この記事を読むとこんなことが分かります

・カメラを買ったけど、何から学べば良いか分からない。
・良い写真を撮るにはどうすれば良いか分からない。

それでは、紹介していきましょう!

目次

初心者が学ぶべき3つのポイント

これから紹介する3つのことをまずは理解しましょう!

カメラで写真を撮ったのに「スマホでいいじゃん」「何が違うの?」なんて言われたくないですよね。

今あなたは良いカメラを手にしてモチベーション最高潮ですよね!
であれば、今のうちに3つの知識を付けて、スマホでは撮れない写真を撮ってやりましょう。

モードの知識

カメラにはモード設定というのがあります。

簡単に言うと、何を優先して撮りたいかを決める設定のことです!
初心者の人はAutoモードで撮りがちですが、それではスマホから卒業できません。

モードの知識を付けて、ボケの綺麗な写真を撮りましょう。

F値などの設定の知識

多くの初心者は、ここでつまずきがちですが、理解すれば簡単です!

良い写真を撮るには必須の知識になるので、必ず読んでおきましょう。

この知識をつけることで、思い通りの写真が撮れるようになり、初めてカメラを買った意味が出てくると思います。

構図の知識

構図は、良い感じに被写体を配置することで全体をまとまった写真にすること!

簡単に言うと、こんな配置で撮れば良い感じになるよ!って言うやつです。

構図はすごく沢山種類がありますが、以下記事では初心者でも真似がしやすい構図を3つに絞って紹介しています。

構図の知識を付けることで、「なんとなく良い写真」が「〜だから良い写真」に変わります
構図を意識して写真を撮るだけで一気にレベルアップしますので、必ず読むことをオススメします。

初心者の頃にお世話になった本

僕もまだまだ初心者ですが、カメラを買ったその次の日に買った本がこちら!

この本を何度も読み返して、色々な写真を撮りに出かけたものです。

最近では、本なしでも知識が定着したため自然に良い写真を撮れるようになってきました!

この本は、初心者向けに書かれている本で、漫画で読みやすく説明をしてくれています。
直ぐ実践できる内容なのでとてもオススメです。

何か1冊買ってみようかな?と思われる方にはおすすめできる1冊です!

まとめ

今回は、昨日・今日カメラを買った超初心者向けに学ぶべき知識の順番を紹介してきました

僕自身なかなかカメラの知識に取っつけず、面倒臭さいなと思ったこともありました。

その理由は、解説サイトがどれも難しすぎる!知識の押し付けになっているサイトが多いのかなと僕は思いました。
なので、僕はそういった難しいことは敢えて抜きにして必須の知識だけを詰め込んだブログを作成しています!

初心者のつまずきの手助けができたらいいなと思います!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる