【僕もハマった落とし穴】三脚を使った撮影の注意点2つ!

まずはじめに

先生

三脚使って写真撮る時適当に撮ってへんか?
三脚使う時に、絶対やっておくべき設定とか注意点あるからちゃんと読んでいってな!
ちゃんと設定せんと、失敗写真になってまうかもしれんで。

ということで、今回は三脚を立てての撮影する際の注意点を2つ紹介します!

初心者の人は、知らない人が多いと思いますので初心者の人は是非読んでいってください。

この記事を読むとこんなことが分かります。

この記事を読むとこんなことが分かります

・三脚を立てて撮影するときの注意点について

それでは解説していきましょう!

目次

三脚を立てての撮影する際の注意点

三脚を使うときの注意点は2つあります。

・ストラップは必ず外す
・手振れ補正をOFFにする

ストラップは必ず外す

三脚を立てる時、カメラのストラップは必ず外しましょう!

なぜなら、ストラップが風でなびいて手ブレが発生してしまうからです。

三脚を立てるときは、基本的に長秒露光(スローシャッター)を使用するときだと思います。

シャッターを開けている間に、ストラップが揺れてカメラが少しでも動いてしまうと、細かいブレが発生してしまい綺麗な写真になりません。

なので、三脚使用時はカメラのストラップは外しましょう

先生

ストラップの揺れごときでって思うかもしれんけど、そういう小さな気遣いが綺麗な写真に繋がんねんで!

僕も最初ストラップを付けて三脚で撮影していましたが、当時の素人目にはわからなかったんですが今見返してみると、確かに細かいブレが発生していました・・・

手振れ補正をOFFにする

カメラマン

え!
手振れ補正なのにOFFにするの!?

先生

そうなんや、SONYの公式でも言われてるんやけど撮影状況によっては誤補正を行ってしまうことがあるそうなんや。
カメラは動いてないのに、ブレるっていう不思議な現象が起きるんや!

三脚を使う場合には、手ブレ補正機能が誤動作する恐れがあるため、手ブレ補正機能を[切]にしてください。

三脚を使用する場合でも手ブレ補正機能は使用できますが、撮影状況によっては誤補正をおこなう可能性があります

https://knowledge.support.sony.jp/electronics/support/articles/S1110278018408

手振れ補正は、レンズ側に切り替えスイッチがあったり、カメラ側で切り替える必要があったりします。

撮影に行かれる前に、事前に確認しておきましょう!

ちょっと意外な注意点かも知れませんが、知っているか知らないかで写真の質が大きく変わります

まとめ

三脚を使用しての撮影は、人間の目では見ることができない世界を写すことができます

三脚は初心者には早いと思われがちですが、そんなことはありません。

初心者の僕でも簡単に使うことができましたし、メリットを感じることもできています

まだお持ちでない方は、是非1つ持っておくことをおすすめします!

先生

三脚を使うと、一気に撮影の幅が広がって面白くなるで!
初心者の人にこそおすすめできると思うで!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる