【PLフィルターおすすめ4選】PLフィルターの選び方と注意点

悩む人

PLフィルターには色んなメーカや種類があってどれを選べば良いかわからない。

ゆーたそ

僕も始めて購入するときは、めちゃくちゃ悩みました…

そんな経験を基に、今回は僕なりのPLフィルターの選び方と注意点について紹介したいと思います。

選び方を解説した上で、僕のおすすめのPLフィルターも紹介します。

どれを買って良いかわからない人は絶対に参考になると思うので、是非最後まで読んでいってください!

PLフィルターの効果・付け方・寿命についてはこちらの記事で解説しています。
>>【PLフィルターとは】効果や寿命/デメリットを紹介

目次

PLフィルターの選び方

PLフィルターの選ぶときは4つのポイントがあります。

  • どこのメーカーのフィルターを買うか
  • フィルターの種類はどれにするか
  • 反射率はどれぐらいのものにするか
  • フィルター径を確認すること
ゆーたそ

1つずつ見ていきましょう

どこのメーカーのフィルターを買うか

各メーカーからPLフィルターは出ています。

特に有名なメーカーは以下の3社です。

  • Kenko
  • K&F
  • HAKUBA

どこも信頼のあるメーカーなので正直どこのを買っても問題はありません。

悩む人

どれでも良いと言われると悩む…

ゆーたそ

僕が強いて選ぶとしたらKenkoです

僕の好きなYoutuber「ゆ~とびさん」も使われていますし、それ以外でも目にすることが非常に多いので安心感があります。

フィルターの種類はどれにするか

フィルターは2種類あります。

  • PLフィルター
  • C-PLフィルター

違いは置いといて、どちらを選べば良いかというとC-PLを選べば問題ないです。

PLフィルターを使用すると、オートフォーカスや測光機能が正常に動かなくなる可能性があります。
PLフィルターはマニュアルフォーカス専用と思っていただいてOKです。

購入する際は間違ってPLフィルターを購入しないように注意して確認しましょう。

ゆーたそ

サーキュラーPLとC-PLは同じ意味です。

反射率はどれぐらいのものにするか

フィルターを装着すると、フレアがゴーストが出やすくなります。

ですが、低反射のフィルターを使うとフレアやゴーストの発生を防ぐことができます。
また、低反射フィルターを使うとフィルターを装着しても明るい写真を撮りやすくなります。

目安としては、反射率1%以下のフィルターを選びましょう。

低反射のフィルターの方が高いので、お財布と相談して決めてください。

フィルター径を選ぶ

フィルターを買うときは、フィルター径を事前に確認しておきましょう。

レンズにはΦ49といった印字があります。 
Φ82だったらフィルター径が82mmのものを選ぶようにしましょう。

ゆーたそ

こんな感じに印字されています

フィルター径
フィルター径

PLフィルターを選ぶときの注意点

PLフィルターを買うときの注意点があります。

それは、複数のフィルター径のレンズを持っている場合は何を買うかです。

結論を言うと、最も大きなフィルター径を買いましょう。

なぜなら、大きいフィルター径はステップダウンリングを使うことで別のフィルター径でも使えるからです。

ステップダウンリングは、PLフィルターだけでなくNDフィルター等でも使えるので持っておくと便利です!

ゆーたそ

値段も安いのでおすすめです

おすすめのPLフィルター

ゆーたそ

僕のおすすめのPLフィルターを紹介したいと思います。

初心者向け(高コスパ)

こちらは、Kenkoのフィルターで初心者向けの低価格で標準的なPLフィルターです。

ゆーたそ

PLフィルターを試してみたいという人におすすめです

機能も備えたちょっと良いやつが欲しい人向け

ゆーたそ

僕も使っているフィルターです

薄型なので写真の四隅に暗い影(ケラレ)が出にくくなっています。
ガラス外周に墨塗り加工がされているので、フレアやゴーストが発生しにくいです。

ゆーたそ

反射率が1%以下なので十分なスペックです!

撥水/防汚機能があるので、水滴や汚れが付きにくく、付いても簡単に拭き取れます。
常にガラス面をクリアに保てるので、撮影にストレスを感じにくいのでおすすめです!

写真にこだわりたい人向け

ゆーたそ

最強のPLフィルターと言っても過言ではないPLフィルターです

反射率0.3%以下なので非常に優秀です。

ケンコー独自のフローティングフレームシステムを採用しているので、ガラス面の歪みを防ぎレンズ本来の解像力を損なわずPL効果を発揮できる最高画質のフィルターになっています!

もちろん、コーティングも撥水・撥油コーティングなので手入れも簡単です。

デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER 周辺機器部門 金賞受賞の製品です!

まとめ

ゆーたそ

今回はPLフィルターの選び方からおすすめのPLフィルターの紹介までしてきました。

風景写真を撮る人にとって必須アイテムなので、是非ステップアップに購入してみてください。

フィルターには、NDフィルターやクロスフィルターなど様々なフィルターがあるので、色々使い分けられると写真の表現の幅がかなり広がります。

フィルター1枚に何千円〜1万円するのはかなり高く感じると思いますが、レンズの購入と併せて買ってしまうことをおすすめします。

僕はフィルターだけ買おうと思うと値段も高いので、「まだ買わなくていいかぁ…」と踏み止まってしまう性格です。
そんな人は、レンズと一緒に勢いで買っておく方が良いと思います。

ゆーたそ

皆さんの参考になれば嬉しく思います!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる