【SDカードの種類】規格やクラスの違いで転送速度が変わる|選び方や寿命

まずはじめに

悩む人

カメラ用のSDカードが欲しいけど、
どのSDカードを変えば良いかわからない。

ゆーたそ

僕も少し前に色々調べてようやく
理解できてきたので、簡単に解説したいと思います。

ということで今回は、写真や動画を保存するためのSDカードについて少し詳しく解説していきたいと思います。

とりあえず、カメラを買ったから今すぐに欲しいんだよ!
種類とかいいから良いやつ教えてよという人は、こちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

この記事を読むとこんなことが分かります

・SDカードの規格やクラスについて
・用途に合わせたSDカードの選び方
・SDカードの寿命について

それでは解説していきましょう!

目次

SDカードの規格やクラスについて

SDカードの種類を分けると、以下のような項目で分けることができます。

  • 容量
  • 規格
  • スピードクラス
  • 転送速度

データ書き込み速度

カメラで連写撮影を行う場合はこの書き込み速度が重要になります。

最大の書き込み速度が速いカードは、連写撮影が快適にできるので一瞬を逃しづらいです。

僕の場合、野鳥や昆虫の撮影を連写でしますが、連写した後は保存が完了するまで次のシャッターが切れなくなります。
その間に絶好のタイミングがあると、めちゃくちゃ残念な思いをするので、できるだけ速いものをおすすめします。

ゆーたそ

重要な確認ポイント!

容量

容量はもっともシンプルで、何枚の写真・何時間の動画を保存できるかです。

容量が大きいものほど高価でたくさんのデータを保存することができます。

種類(互換性)

SDカードにも3つの種類があります。

  1. SDカード
  2. SDHCカード
  3. SDXCカード

SDカード

SDカードの方が、容量が少ない分価格は非常に安いです。

最大容量が2GBと非常に小さいので、写真や動画撮影をあまりしない人におすすめです。

ゆーたそ

正直、あまり実用的ではないです!

SDHCカード

SDカードとSDXCの間に位置するカードです。

SDカードよりは容量欲しいけど、価格はできるだけ抑えたいという人におすすめ。
32GBまであるため、これで十分という人も多いと思います。

ですが、SDXCに比べると1GB当たりの価格が高くなります。

SDXCカード

SDカードの中で最も容量が大きい規格です。

64GBからの容量なので、かなり大容量のカードです。
何日も撮影に出かけたり、4K動画を撮る人はSDXC一択だと思います。

最近は、かなり低価格化が進んでいるのでそれほど高価なイメージも無くなってきました。

ゆーたそ

僕も最近はSDXCを使ってるよ!

ビデオスピードクラス

ビデオ撮影の際の転送スピードのこと。

動画撮影をする場合は、この対応スピードを意識する必要があります。

V6、V10、V30、V60、V90と種類があります。
Vの後ろの数字が最低転送速度となります。
(例:V90だと90MB/秒以上の最低転送速度)

4Kの動画撮影をするのであれば、V30以上を選びましょう!

SDスピードクラス

転送スピードの数値のことです!

CLASS2、CLASS4、CLASS6、CLASS10の4種類で、
数字が大きいほど転送スピードは速くなります。

後ろの数字がデータの最低転送速度を表します。

CLASS22MB/秒以上の最低転送速度
CALSS1010MB/秒以上の最低転送速度

最近のSDカードは安価なものでも、CLASS10のものが多いのでCLASS10を選べば間違いありません!

UHSの規格

UHSとは「Ultra High Speed」の略で、
簡単に言うと「転送速度が高速」という意味!

UHS-ⅠUHS-Ⅱと規格が2種類あります。

UHSスピードクラス1 ⇨ 10MB/秒以上の最低転送速度
UHSスピードクラス3 ⇨ 30MB/秒以上の最低転送速度

あなたがお使いのカメラが、UHS-Ⅰに対応しているか、UHS-Ⅱに対応しているか事前に確認する必要があります!

UHSスピードクラス

UHSスピードクラスは、
通常のスピードクラスより更に高速転送が可能な場合に付けられるクラスです。

UHS Speed Class 1 ⇨ 読み書きの転送速度が最低 10MB/秒
UHS Speed Class 3 ⇨ 読み書きの転送速度が最低 30MB/秒

付いているに越したことはないですが、僕はまだUHSスピードクラスの恩恵を感じたことはありません。

それほど強く意識する必要はないかなと思います!

用途に合わせたSDカードの選び方

ごちゃごちゃと難しい説明をしましたが、どんな人にどんなSDカードがおすすめか紹介します。

実例を紹介しながら、選び方を参考にしてもらえたらと思います。

カメラを最近買った人

カメラを最近買った人は、まだがっつり連写をして撮影をすることはないと思います。

そのため、まずは無難な平均点が取れるSDカードがおすすめです。
コスパが非常に優れたTRANSCENDのSDカードです!

  • 容量も16GBで十分。(写真を約2000枚保存できる)
  • SDスピードクラスはCLASS10なので問題なし。

カメラをもっとがっつり楽しんでいきたいと思た時に、次のSDカードを検討しましょう!

写真撮影をがっつりする人

写真をがっつりされる人は、容量も大きく転送速度も意識する必要があります。
ですが、動画撮影はしないのでビデオスピードクラスは無視でOKです!

SDカード業界で人気のあるSanDiskのSDカードです。

  • 書き込み速度が170MB/Sと速い
  • SDスピードクラスもCLASS10で問題なし
  • UHSスピードクラスがU3と優秀
ゆーたそ

プロカメラマンも愛用!
SanDisk製のSDカードは、圧倒的なブランド力があるよ。

動画撮影をがっつりする人

動画撮影をされる人は、容量もビデオスピードクラスも関係してくるので、かなり良いSDカードが必要になります。

撮り方にもよりますが、1日のVlogを4K画質で撮影をするぐらいの想定です。

  • 書き込み速度が300MB/Sと爆速!
  • SDスピードクラスは、当然のCLASS10
  • UHSスピードクラスがU3
  • ビデオスピードクラスは、V90と神性能です!
ゆーたそ

この性能でSanDiskだから文句ないよね

SDカードの寿命について

悩む人

こんな高価なSDカードを買ってどれぐらい使えるの?

と気にされる人も多いかと思います。

結論

SDカードの一般的な寿命は、5年です

もちろん使い方にもよりますし、使う環境でも変わってきます。

SDカードはデータの長期保管には向いておらず、短期的な保存用として使われます。

そのため撮った写真をどこにもコピーせず、ずっとSDカードに保存していると、
いざ見ようと思った時に消えている!なんてことになってしまいます。

使用し始めてから5年が経過するといつ壊れてもおかしくない状態になります。

壊れる前にケチらず新しいSDカードを購入するようにしましょう!

まとめ

今回は、初心者にはめちゃくちゃ難解なSDカードの種類について詳しく説明してきました。

僕がSDカードってちゃんと選ばなきゃいけないんだなと思ったのは、1歳の赤ちゃん2人を撮ったときでした。

いつ泣き出すか分からないので、ササっと撮らなきゃいけない状況でした。
なので、連写で大量に撮って、後で選んだら良いやと思って連写で撮り始めました。
ですが、連写を15枚ぐらい撮ると、シャッターボタンが押せなくなって写真が撮れなくなりました・・・
10秒後ぐらいにまた撮れるようになったんですが、その頃にはもう限界を迎えていて結局15枚しか撮れませんでした。

シャッターボタンが押せなくなった原因は明確で、SDカードに保存中だったんです。
その10秒間に何回も笑っていたので、めちゃくちゃ悔しい思いをしました・・・

こんな経験をして、僕は書き込み速度が速いSDカードが欲しいと思いました。

SDカードなんて何でも良いと思われますが、一瞬を切り取る「写真」をする人にとっては非常に重要なアイテムです。

完璧に理解して、覚えておきましょう!
とまでは言いませんので、買う時ぐらいはちょっとこの記事を思い出してスピードクラスなどを気にして買いましょう!

ゆーたそ

僕自身も、追加で買うときは自分の記事を見るしね!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる