【Luminar Neo】レビュー:初心者におすすめ現像ソフト|プロモーションコード

カメラマン

写真のRAW現像に挑戦してみたい。

悩む人

AdobeのLightroomは月額で高くて手が出ない。

ゆーたそ

こんなお悩みはないですか?

そんな人向けに、1度買ったら一生使えてLightroomと同等に現像ができるソフト「Luminar NEO」を紹介したいと思います。
Lightroomのように毎月・毎年費用が発生しないため、比較的ハードルは低いと思います。

・2022年発売買い切り型のRAW現像ソフト

・あなたが想像した通りの写真に

・有名写真系Youtuberも推しているソフトなので安心

こんな人におすすめの記事です

  • RAW現像に挑戦したくて質の良いRAW現像ソフトを探している
  • Luminar Neo の評価・評判が気になる
  • 他のソフトとどう違うか知りたい
  • 旧Luminar製品を使ってるけど、買い替える必要があるか知りたい
  • Luminar Neo をお得に買う方法を知りたい(プロモーションコード)

僕も実際に使っているLuminar Neoをじっくり解説していきたいと思います。

しっかり理解して、いいソフトを選べるようになりましょう!

目次

Luminar Neo

ゆーたそ

まず、製品の紹介の前に結論だけ

初心者の人に、LuminarNeoは非常におすすめです。
旧製品を持っている人は、急いで買い替える必要はないです。

理由については、これから説明していきます。

Luminar Neoって?

LuminarNeoは、2022年に発売されたLuminarシリーズのRAW現像ソフトです。
旧Luminar製品には、Luminar AIや、Luminar4などがあります。

どれも非常に人気があり、信頼のある製品です。

ゆーたそ

僕も旧製品Luminar4から使い続けている1ユーザーです

LuminarNeoの特徴

LuminarNeoは、AI機能が搭載されており自動で色んなことをしてくれるのが最大の特徴です。

今まで、自分で選択する必要があった、色味を繰り返し変えてみる必要があったとこを、ソフトが勝手にやってくれます。
そのため、撮影した大量の写真を効率的に思い通りに現像できます。

もちろん、AIに全て任せるのではなく、細かい調整はLightroom同等のレベルで編集可能です。
そのため、初心者から上級者まで幅広いユーザーが使える・おすすめのソフトです。

Lightroomに勝る点は、空の入れ替えがワンクリックでできたり、太陽を簡単に作り出せるなどのクリエイティブな機能。
他にも、ポートレート向けの機能が非常充実していて、簡単にポートレート写真のレベルを上げられます。

Luminar Neoの新機能

今回のNeoから新たに追加された超便利な機能を紹介します。

  • ポートレート背景除去
  • ホコリ除去
  • 電線除去
  • ポートレートボケ
  • レイヤー(複数の写真を重ねられる機能)

ポートレート背景除去

この機能は、自動で人物を判断して背景を削除できる機能です。

https://skylum.com/jp/luminar

人物のみを切り取って、別の背景と組み合わせたい時に便利な機能です。

写真をしている人はあまり使わない機能かもしれない、クリエイター向けの機能ですね。

ゆーたそ

僕も登場の機会が少なそうな機能です。

ホコリ除去

悩む人

レンズについた汚れが写真に写ることありませんか?

ゆーたそ

ファインダーを覗いているときは気付かず、家のパソコンで見たときにはじめてホコリやレンズの汚れに気が付くことがあります。


そんな時にLuminarNeoを使えば、自動で汚れを取り除いて綺麗な写真にしてくれます
折角撮った写真をボツにする必要が無くなります。

やっぱり、安心感が全然違いますね!

電線除去

広角で写真を撮って、花と空を一緒に撮ることあると思います。

そんな時に、電線が写真に写り込んでしまうことはないですか?

「この角度・高さで撮りたいのに電線が入るから角度を変えよう」ということ、僕はよくあります。

そんな悩みを一発で解決する機能です。

ゆーたそ

写真に写り込んだ、電線をワンクリックで削除してくれます。

ゆーたそ

文字通りワンクリックなのが便利過ぎです

この機能のためにLuminarNeoを使いたくなったと言っても過言ではない程、初めて聞いたときは衝撃的な機能でした。

ゆーたそ

うわぁ!それ!その機能が欲しかった!って感じです。

ポートレートボケ

ポートレートボケは、背景に追加でボケを入れられる機能です。

F値の低いレンズをまだ持っていない人や、もっとF値を低くして撮ればよかったなどの悩みを解決してくれます。

ゆーたそ

後からボケ感を操作できるのは、非常に頼もしいですよね。

とは言っても、レンズのF値を下げて撮ったボケとは若干違うなと僕は思いました。
ぱっと見ではほぼ分からないレベルです!

RAW現像もここまで来たかといった感じです。

レイヤー(写真を複数重ねる機能)

こちらは、写真を複数枚重ねることができる機能です。

https://skylum.com/jp/blog/first-look-at-layers-in-luminar-neo-how-can-they-make-you-more-creative

今までのレイヤーというと、編集を重ねられるイメージでしたが、この機能は写真を重ねられます

新機能についてまとめ

ゆーたそ

Luminar製品の進化は止まらないですね

どの機能も非常に便利で、初心者にも使いやすいような直感的な操作感にしているのがGoodです!

細かい機能も充実しているため上級者の人も十分に満足できるソフトです。

後から背景を追加したり・前ボケを入れたりと本来PhotoShopでやるような作業まで、このLuminarNeoでは出来てしまいます。

ゆーたそ

いやぁあっぱれです!

買い替えの必要があるか

ゆーたそ

旧Luminar製品をお使いの方は気になると思います。

僕の率直な意見は、買い替えはそれほど急ぐ必要はないかなという印象です。

理由としては、2つあります。

  1. 基本的な編集はできるから
  2. 新機能が必須レベルではないから

1.基本的な編集はできるから

旧Luminar製品である、LuminarAIやLuminar4にも、基本的な機能が十分備わっています。

LuminarNeoは、新しいことができるようになったというより、更に便利に使えるようになりました。というイメージです。

そのため、今使っているソフトに不満が無ければ積極的な買い替えは不要だと思います。

Luminar Neoの新機能を見て、今までの不満が解消される!と少しでも思うのであれば購入を検討してもいいと思います。

ゆーたそ

ゆ〜たそ的には買い替えは有りと思っています

2.新機能が必須レベルではないから

先ほど新機能について紹介しましたが、どの機能も必須級の機能ではありません。

ゆーたそ

あったら便利という機能が多いです。

電線の除去であれば、Luminar4にもある「削除」機能を使えば同等の結果を得られます。
※電線を自分でなぞる必要があります。

ですが、最初に説明した通り非常に効率的に現像を行えるので、写真を沢山撮られる方はぜひ検討して欲しいです。

旧Luminar製品の機能比較

機能名Luminar NeoLuminar AILuminar 4
AI駆動マスク
センサーのホコリ除去AI
ポートレート 背景削除
電線除去AI
リライトAI
モバイルアプリ
構図AI
アトモスフィアAI
ボディAI
ポートレート ボケAI
輝度マスク
縁取りAI
フェイスAI
スキン補正AI
空の変換AI
ゆーたそ

こう見ると、Luminar4からの買い替えは十分有りに見えますね!

Luminar Neo の評価

Luminar Neoの世間での評価を集めてみました。

8割は便利・Lightroomより安い・機能が充実という声が多かったです。
気になる評判としては、少し動作が重たい不安定といった声もありました。

ゆーたそ

僕は使ってて今のところ不具合はありません

というのも、Luminar製品は頻繁にアップデートがあり、どんどん改善・修正されているからです。

今後も新機能が追加されたり、動作も安定していくと思います!

ゆ〜たその尊敬する方々もYoutubeで紹介されていたので参考に掲載しておきます。

他のソフトとの違いを知りたい

ここでは、Lightroomとの違いを分かりやすく要点をまとめて解説します。

ソフト名Luminar NeoLightroom
機能性◎(AI有)
分かりやすさ
時短
プラグインプラグインとして利用可不可
購入方法買い切り(サブスクも有)サブスク
値段16,800円1,078円/月

基本的に、LuminarNeoがLightroomに大きく劣っている部分はありません

そのため、初心者の人から上級者の人までLuminar Neoがおすすめです。

またどうしてもLightroomに変えたい!と思った時にもLuminar NeoはLightroomのプラグインとして使用することができます。

プラグインとは:プラグインとはソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラムのこと

ゆーたそ

簡単に言うと、LightroomからLuminar Neoの機能を呼び出せるようになる

Luminar Neoを買ったことが無駄にならないのが良いですね!

また、Luminar Neoにはサブスクリプション(月額価格)もあります。
ですが、長期的な目線で見ると絶対に買い切り型がお得なので、おすすめです。

Lightroomの良いところ

悩む人

Lightroomの方が良いとこほんとにないの?

ゆーたそ

それはもちろんあります

あまり詳しく説明すると難しくなるので、簡潔に説明します!

Adobe製品全般に言えることですが、Adobeのソフトは各ソフトに役割があります。
例えば、Lightroomは写真現像、Aftereffectsは3Dグラフィックだったり・・・

ここで最も重要なのが、各ソフトの連携がとてもスムーズなことです。

Lightroomで現像した後にPhotoshopを直接開いて次の編集に移ることができます。

各ソフトから別ソフトを直接呼び出して次の編集に移れることで、作業効率が圧倒的に上がります

Luminar neo をお得に買う方法を知りたい(プロモーションコード)

Luminar Neoをお得に買う方法は2つしかありません。

  1. 旧Luminarソフトから移行
  2. プロモーションコードを利用する

旧Luminarソフトから移行

既にLuminar製品を持っている人は、特別価格でLuminar Neoを購入することができます

公式サイトにアクセスして画面の右上に表示された「特別価格を確認する」をクリックします。

その後に、購入した際のメールアドレスを入力することで特別価格で購入できるページに行くことができます。

価格1ライセンス
通常価格(買切り)¥15,120
特別価格(買切り)¥11,800

プロモーションコードを利用する

今回特別にSkylum様から専用の割引コードを発行していただけました。

Luminar Neoを公式サイトから購入する際に、以下プロモーションコードを入力すると、1,000円割引されます!
※割引は年間のサブスクライセンスのみに使用できます。

ゆーたそ

Skylum様ありがとうございます

【Luminar Neo】プロモーションコード:yutasoNEO

・2022年発売買い切り型のRAW現像ソフト

・あなたが想像した通りの写真に

・有名写真系Youtuberも推しているソフトなので安心

まとめ

今回は、ゆ〜たそもおすすめしている現像ソフトの「Luminar NEO」の紹介してきました。

このソフトは、最も有名なAdobeのLightroomに比べ一度購入れば生涯利用できるので、非常にコスパが良いです!

しかも、AI機能も搭載されており、編集の手間を効率化することもできます。

ゆーたそ

よっぽどのこだわりがない方は、Luminar Neoがおすすめです

是非、これから写真の現像・RAW現像に挑戦してみたいという人は検討してみてくださいね!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!SONYフォトコンテスト入賞経験有り。
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次