SONY FE 14mm F1.8 GM【レンズレビュー】|ズームレンズと比較

悩む人

SONYの14mmF1.8ってどうなの?

ゆーたそ

最近購入した僕がレビューしたいと思います

広角レンズは、ダイナミックな写真が撮れるのでおすすめのレンズの1つです。

是非、購入を検討している人はこの記事を読んでみてください。

この記事では、僕目線でレンズをレビューして比較しています。
僕のようにレンズの細かい知識はないけど、購入したい人の参考になる記事になっています!

こんな人におすすめの記事です

  • SONY FE 14mm F1.8 GMが気になっている
  • ズームレンズとどっちが良いのか知りたい
  • 良い広角レンズが欲しくてたまらない

それでは紹介していきましょう。

目次

僕がこのレンズを購入した経緯

14mmf18

まず、このレンズは最高です。
購入したことを後悔させない、超ウルトラ神レンズです。

という前提のもと、僕がこのレンズに決めた経緯を紹介したいと思います。

ゆーたその購入経緯なんて気にならないという人は読み飛ばしてください!

僕は、標準の大三元レンズと、望遠のGMレンズを持っています。

  • 大三元レンズ:SIGMA 24-70mm f2.8
  • 望遠レンズ:SONY 100-400mm f4.5-5.6
ゆーたそ

広角レンズ(24mm以下)を持っていないため、購入したいと思っていました

広角レンズを手に入れれば、満点の星空や・ダイナミックな写真が撮れることを知っていたからです。
OLYMPUSの時に7-14mmを持っていたので!

そこで選択肢として上がったのが、ズームレンズと今回購入した単焦点レンズでした。

なんでGMレンズしか選択肢にないかというと。
僕はGMレンズで初めて手にした時からGMレンズしか買えなくなったからです。

圧倒的な描写力・鮮やかな色味・美し過ぎるボケ感

他のレンズとは比べ物にならないと思い、それ以来GMレンズに魅了されてしまいました。

結論から言うと、ズームレンズとスペックの差も感じず、圧倒的に安かったので単焦点レンズを選びました

ゆーたそ

では、具体的なレビューをしたいと思います

FE 14mm F1.8 GMのレビュー

まずは、メインのスペックから。

FE 14mm F1.8 GM
名称FE 14mm F1.8 GM
焦点距離(mm)14mm
F値F1.8
最短撮影距離0.25m
質量460g
価格¥199,100
FE 14mm F1.8 GM

僕が注目したのは、F値と質量です。

その他のスペックに関しては、SONYかつGMレンズなので心配すらしていませんでした。

ゆーたそ

SONYの技術力を信用しています

F値

最小F値は、F1.8です。

広角レンズの中では、最も最小F値が小さいレンズです。

F値が低いことのメリットは、暗い場所での撮影シャッタースピードを速くすることができることです。

ゆーたそ

とにかく、F値は低く撮れる方が圧倒的に良いです。

そう言う意味でも、14mmでF1.8で撮れるというのは、非常にメリットに感じました。

特に星空の撮影などは、F値が低い方が綺麗に写真が撮れます。
そのため星景写真を撮りたい人は、このレンズしかないと思っています。

質量

質量はなんと460gです。

参考までに、CanonとNikonの似たようなレンズの重さはこちら。

  • Canon EF24mm F1.4L:650g
  • Nikon Z 20mm f/1.8:505g

他のメーカーと比べても、広角かつ軽いんです。

広角レンズだけを持って撮影に行くことは少ないと思います。

標準レンズや、他の画角の単焦点レンズや望遠レンズを持っていくと思います。
そうなると、1本あたりのレンズの重さはできるだけ抑えたいところです。

そんな時に、1本460gであれば何とか複数本レンズを持っていけるレベルの重さです。

ゆーたそ

500gを超えると3本持って歩き回るのはきついです

質量が軽いのは撮影において非常に重要なスペックなので、このレンズは本当に優秀だと思いました。

ズームレンズとの比較

ズームか単焦点か

次に比較対象であった、ズームレンズとの比較です。

それぞれのメインスペックはこんな感じ

ズームレンズ単焦点レンズ
名称FE 12-24mm F2.8 GMFE 14mm F1.8 GM
焦点距離(mm)12-24mm14mm
F値F2.8F1.8
最短撮影距離0.28m0.25m
質量847g460g
価格¥379,900¥199,100
レンズ比較

ぱっと見で分かる、圧倒的な価格差…

価格が高いということはそれだけスペックが良いということです。
しかし、僕目線でいうと必ずしもそうとは限りません。

ゆーたそ

そのような、僕目線で比較した結果を紹介したいと思います

それではまず、ズームレンズを選んだ場合のメリットについて紹介します。

ズームレンズのメリット

単焦点レンズに比べて、ズームレンズの方が良い点を紹介します。

ゆーたそ

といっても、メリットは1つです

それが、画角の調整ができることです。

12-24mmという広角の範囲を全てカバーすることができます。

標準レンズが、24-70mmの画角なのでピッタリ全ての画角をカバーできます。

単焦点レンズだと、18-24の間の画角で撮影できません。

画角カバー

全ての画角で撮影できるのは、同じ位置から色んな写真を撮ることができるので表現の幅が広がります

しかし、画角は撮影者の立ち位置を変えればカバーできます
そのため画角6mmの差は、僕にとってはあまり大きなデメリットとはなりませんでした。

ズームレンズのデメリット

それでは、デメリットについて紹介したいと思います。

  • 価格が高い
  • 質量が重い
  • F値が高い

価格が高い

単焦点レンズに比べて、価格が圧倒的に高いです。

  • ズームレンズ:¥379,900
  • 単焦点レンズ:¥199,100

単焦点レンズに比べて、18万円近く差があります
僕がこれを知った時に感じたことは、「もう一本レンズ買えるやん」です。

18万円あれば、ポートレート用の単焦点レンズや、良い三脚、カメラバッグなど色々買えるなと思いました。

そのため、18万円という金額差は僕にとって非常にデメリットとなりました。

質量が重い

  • ズームレンズ:847g
  • 単焦点レンズ:460g

先ほども説明しましたが、レンズを複数本持っていくことを考えると1本847gは重すぎます。

必ず、標準レンズとセットで持ち歩くので、三脚も持ち歩くと3.5kgにもなります。

650g(本体) + 886g(標準レンズ) + 1150g(三脚) + 847g(広角レンズ) = 3.5kg

軽いと撮影の効率が上がるので、できる限り総重量は軽い方が良いです。

F値が高い

F値についても紹介しましたが、低いこそ正義だと思っています。

F1.8F2.8は、どちらもF値は低いと思いますが、その差はかなりあります。

特に星を撮る人は、F値はこだわるべきポイントのため単焦点レンズの方が優れていると言えます。

価格も抑えつつ、F値が低いレンズを購入できるので、単焦点レンズを選ぶ選択肢しかありませんでした

まとめ

14mmf18レンズ

今回は、SONY FE 14mm F1.8 GMのレビューをしました。

広角レンズは、ダイナミックな写真や星空を非常に繊細に撮ることができます。

SONYのカメラを使用している人に、非常におすすめしたいレンズの1本です。

ゆーたそ

ズームレンズと単焦点レンズで迷っている方の参考になればと思います。

ブログ村リンク画像

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる