【パンフォーカスとは】写真全体にピントを合わせる方法を解説!

悩む人

風景写真で隅々までピントが合った写真を撮りたい…
写真全体にピントを合わせるにはどうしたら良い?

今回は、そんな人に向けて写真全体にピントを合わせる(パンフォーカス)方法を説明します。
この記事を最後まで読めば、写真全体にピントが合った綺麗な風景写真を撮れるようになります。

途中、複雑な計算式ができてきますが、無理だと感じた人はその部分を読み飛ばしてください。
その続きに計算しなくても簡単に撮る方法も紹介しています!

写真全体にピントが合った写真
この記事を読むとこんなことが分かります

・パンフォーカスとは
・写真全体にピントを合わせる方法
過焦点距離とは

それでは解説していきましょう。

目次

パンフォーカスとは

パンフォーカスは、簡単に言うと写真全体にピントの合った状態のことです。

近くに写っている被写体から遠くの被写体までピントが合っているように見える状態のこと。
英語ではDeep Focus(ディープフォーカス)と言います!

ふんわりボケを楽しむ写真とは正反対の撮影方法で、雄大な風景写真などによく利用されます。

写真全体にピントを合わせるには

ゆーたそ

皆さんは、ボケを活かした写真を撮る時はどうしますか?

被写体に近づく、望遠にする、F値を小さくする。
それで写真を撮れば、ボケの多い写真になることを知っていると思います。

では、逆に写真全体にピントを合わせるためには…?

多分、今あなたが思ったことが正解です。
ボケの多い写真の撮り方と、反対のことをすればいいのです。

ということは、被写体から離れて広角にして、F値を大きくして撮ります!

悩む人

ピントはどこに合わせれば良いの?

ゆーたそ

ピント位置にもポイントがあります!

ピントの位置を決めるためには、過焦点距離について理解しておく必要があります。

過焦点距離と、計算方法は

過焦点距離は、一番全体にピントが合いやすいピント位置(距離)のことです。

ゆーたそ

僕も調べて学んだけど、めちゃくちゃ難しい…

簡単にいうと、過焦点距離にピントを合わせれば、近くにも遠くにもピントが合いやすくなります
過焦点距離より遠くにピントを合わせれば、手前がボケてしまいます。

悩む人

過焦点距離って実際どこなの?

ゆーたそ

ざっくり言うと、手前3分の1です。
おおまかに距離を3分割して、手前の3分の1にピントを合わせます。

具体的な過焦点距離は、レンズの焦点距離によって変わります。

過焦点距離(㎜)=焦点距離(㎜)×焦点距離(㎜)÷F値÷許容錯乱円(㎜)
(許容錯乱円は、0.03mmで計算するのが一般的)

この計算式に、焦点距離24cm・F値F11を当てはめてみると、だいたい1m75cmと出てきます。
ということは、カメラから1m75cmのところにピントを合わせれば、写真全体にピントが合うということですね。

ここまで読んでもらえれば、ピントを合わせる位置まで理解してもらえたと思いますが、
毎回写真を撮るたびに計算していられないと言う人に便利なスマホアプリを紹介します!

過焦点距離の計算が面倒な人へ

過焦点距離の計算をいちいちするのは面倒な人は、こちらのアプリがおすすめ!

DoF Table - 被写界深度計算アプリ
DoF Table – 被写界深度計算アプリ
開発元:Suguru Yamamoto
無料
posted withアプリーチ

このアプリを使うと、カメラとレンズを選ぶとF値ごとの過焦点距離を見ることができます。

アプリ画面
アプリ画面
ゆーたそ

簡単に使えるので、計算が面倒な人におすすめです

アプリで確認することすら面倒な人へ

ちょっとだけ触れましたが、手前3分の1にピントを合わせましょう!

簡単に言うと、モニターを見て、1/3のあたりにピントを合わせるだけです。

1/3にピントを合わせる
1/3にピントを合わせる

理由は、被写界深度はピントを合わせた位置から手前に1/3、奥に2/3の割合で広がるからです。

そのため、F値をF11にして、画面の手前1/3にピントを合わせば全体にピントが合った写真を撮ることができます。

電卓で過焦点距離を計算したり、アプリで調べなくても感覚的にパンフォーカスの写真を撮れるようになります!

被写界深度合成

ここまで説明してきたことを実践してもどうしても全体にピントが合った写真が撮れないことがあります。
そのような時は、被写界深度合成というのを活用しましょう。

被写界深度合成というのは、複数の写真を合成して
あたかも全体にピントが合った写真を撮ったように仕上げること。

被写界深度合成は、複数枚の写真を合成するための現像ソフト(Photoshopなど)が必要になります。

ゆーたそ

写真を楽しむためにも現像ソフトは必須ツールです

僕が使っている現像ソフトはこちら

まとめ

ということで、今回は写真全体にピントを合わせる方法を簡単かつ詳しく説明してきました。

計算式など難しい点もあったと思いますが、無理だと思った人は無理に覚える必要はありません。
最後に紹介した撮り方だけ覚えておくだけで十分です!

写真全体がピントの合った写真を撮るためには…

  • 被写体から離れる
  • 広角のレンズを使う
  • F値を大きくする(絞る)
  • 過焦点距離にピントを合わせる

風景写真を撮りたい人にとっては、かなり重要な知識になりますので是非何度も読んで理解してください!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次