【SNSで人気】レトロでエモい写真を撮る|オールドレンズとは?

まずはじめに

今回は、エモい写真が撮れるオールドレンズについて紹介します!

悩む人

ポートレートをもっとエモく撮りたい…
写ルンですみたいなフィルムカメラ風の古びた感じの写真が撮りたい!

先生

最近、フィルムカメラとか「レトロ」って流行ってるよな!
でも最近のレンズは高性能でめっちゃ綺麗に撮れてまうな。
ええことやけど!
そんなところで今回は、レトロな写真が撮りたい人向けにオールドレンズって呼ばれるレンズを紹介するで!

今回はレトロな写真を撮りたい人向けに「オールドレンズ」を紹介したいと思います。

この記事を読むとこんなことが分かります

・オールドレンズとは?
・オールドレンズの特徴
・おすすめのオールドレンズ

それでは紹介していきましょう!

目次

オールドレンズとは?

オールドレンズ:フィルムカメラの時代の、マニュアルフォーカスのレンズのこと!

雑に言うと、昔の(いい意味で)性能の悪いレンズのことです。

最近では、instagramやTwitterなどで人気がでてきているようです!

しかも結構若い子に人気があるんです。

その理由が、最初に説明したレトロっぽい写りが特徴的で良いからのようです。

また、新品レンズと比べて、オールドレンズは基本中古で価格が非常に安く、試しやすいレンズです。
その価格は、安いものだと2000円とかでもあります。

先生

安くでレトロな写真撮れるんやったら1本は欲しいよな。
でも、注意点もあるで!しっかり続きも読むんやで!

オールドレンズの特徴

オールドレンズは一眼レフのレンズに比べ、彩度・コントラストが弱く「柔らかくて幻想的な描写」になります!

逆にデメリットもあります。

・ピント合わせがマニュアルフォーカス
・F値の設定が手動
・レンズ選びが難しい

ゆーたそ

メリットとデメリットについて、確認してみよう!

メリット

オールドレンズのメリットはなんと言ってもその特徴的な写り。

全体的に「パキッ」とした写真ではなく「ふわふわ〜」とした写真になります。

また、彩度も鮮やかではなく落ち着いた色味になるので、レトロ感が出ます

ミツマタ撮ってみた

価格も安く手が出しやすいので、気になる方は試しに買ってみるのもありです!

デメリット

ピント合わせがマニュアルフォーカス

最近のカメラは、シャッターを半押ししたらピントが合うのが当たり前だと思います。
ですが、オールドレンズにその機能はなく、基本的にマニュアルフォーカスです!

マニュアルフォーカスって何!?って人はこちら参考にしてみてください。

マニュアルでピントを合わせるのがレトロ感あって楽しいんですけどね!
バイクでいうマニュアル/ミッション的な感じ。

初心者の人には不向きだと思います。
ちょっとカメラ慣れてきて、レトロな写真撮りたいという人におすすめ!

F値の設定が手動

こちらも最近のカメラはF値は、ダイヤルを回せばF値が変わると思います。

ですが、オールドレンズはレンズに付いているF値を調整するリングを回すことで調整します!

イメージとしては、ズームする時に使うレンズに付いてるクルクル回せる部分のことです。
そこを回さないとF値が変わらず、本体についてるダイヤルでは変えられません

撮影中には、大したデメリットにはならないです。

ゆーたそ

最初は煩わしさを感じますが、慣れるとそんなにだよ!

レンズ選びが難しい

中古で古いレンズなので、かなり粗悪品も出回っているのが現実です。

その中からしっかりと映るものを選ばなければいけないというハードルがあります。

これに関しては、正直僕にとっても難しく実際に触って見てみて決めるしかないです!
カビがないか、バルサム切れしていないか、リングの動きはどうかなど、1つ1つ確認する必要があるかと思います。

「難しい!選べない!」場合は信頼のおけるカメラショップの方に選んで頂いてもいいと思います!

おすすめのオールドレンズ

HELIOS 44-2

僕の一押しは、「HELIOS 44-2」というレンズです!

「HELIOS 44-2」

このレンズの特徴はなんと言っても「ぐるぐるボケ」です。
背景がボケる時に、ぐるぐると渦を巻いてボケる特徴があるんですね。

現代のレンズでは間違いなく撮れない写真を色々と撮ることができます!

しかもこのレンズ4000円ぐらいで手に入っちゃいます

ゆーたそ

グルグルボケが印象的!
超おすすめのオールドレンズ

Super Takumar

もう1つは「Super Takumar」です!

その特徴は描写力の高さです。

この値段でこんなに映るのかと思える非常に良いレンズです!

もちろん、オールドレンズらしいふわふわした写真も撮れますよ!

値段は6000円前後で、とにかくお安い。

まとめ

先生

今回は、オールドレンズについて紹介したで。
初心者へのデメリットは目立つけど、安くでええ写りするんやったら全然ありやと思うで!
特にレトロ感を今のカメラで楽しみたいならもってこいやな!!

確かに、デメリットは色々と挙げましたが、どれもカメラを楽しむという意味ではデメリットではありません!

バイクにもミッションがあるように、カメラも手動で操作する方が楽しいってこともあるんです!

普通の写りにちょっと飽きたとか、レトロな写りが良いという人は是非購入してみてくださいね。

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる