【レンズにカビ!?】カメラ/レンズの正しい保管方法を解説|僕の防湿庫も紹介

まずはじめに

カメラマン

今日もカメラ楽しかった〜!
カメラ使い終わったし、また使うまでクローゼットの中に置いておこう!

先生

こら!カメラをクローゼットで保管なんて、カメラにカビ生えるで。
ちゃんとした正しい保管方法教えるから、ちゃんと読むんやで!
初心者とズボラさんにおすすめな方法を紹介するで!

この記事を読むとこんなことが分かります

・なぜ正しい保管が必要なのか?
・カメラ・レンズの正しい保管方法
・簡単・安くできる初心者のための保管方法
・ズボラさん向けの保管方法(おすすめ!)

それでは解説していきましょう!

目次

なぜ正しい保管が必要なのか?

クローゼットや、押し入れなどでカメラを保管している人は多いのではないでしょうか?
カメラやレンズは精密機器で、湿気にはめっぽう弱いんです。

カメラやレンズを湿気の多い場所に放置していると、内部にカビが生えてしまいます。

窓が結露で濡れていて、放置しているとカビが生えたという経験はないでしょうか?
それと同じことが、カメラやレンズにも発生します

もし、カメラやレンズにカビが生えてしまうと。

写真にカビが写ってしまう
修理の場合、高額な料金を請求されてしまう

先生

こんなんなったら最悪やな・・・
ちゃんと正しい方法で保管しなあかんな。

写真にカビが写ってしまう

レンズ内にカビが生えると、写真内にカビが写ってしまいます

カビが生えると、レンズ全体に白く曇りのようなものが発生します。

そのため、ファインダーを覗いても白くモヤがかかっていたり、ピントがうまく合わなくなってしまいます。

修理の場合、高額な料金を請求されてしまう

カビがどんどん広がっていき、撮影できなくなってしまった!!

万が一こんな事になったら、どれぐらいの修理代金が必要になるのでしょうか?

レンズの種類やカビの程度にもよりますがおおよそ

2万円〜3万円程度かかります!

しかし、これはあくまで修理が可能な場合です。

修理不可の場合は、レンズの買い直しになるので10万円以上の被害になる可能性もあります。

カメラ・レンズの正しい保管方法

ここからは、初心者であまりお金がかからない方法が良い人と、ズボラな人におすすめな方法2パターン紹介していきたいと思います!

簡単・安くできる初心者のための保管方法

先生

初心者の人には、ドライボックスがおすすめやで!
安いし、簡単や!

ドライボックスとは

ドライボックスというのは、プラスチックケースの中にカメラ等と防湿剤を一緒に入れて保管する方法です!

ドライボックスはこんな商品になります。

ただのプラスチックケースと違う点は3つほどあります。

  • しっかりと蓋で密封できるようになっている
  • 蓋に防湿剤を入れるケースが付いている
  • 湿度計が付いている

デメリットとしては、防湿剤を定期的に交換する手間があります。

おおよそ2ヶ月に1回ぐらいの交換が必要になります。

しっかりと蓋で密封できるようになっている

蓋にはしっかりとゴムが付いているので、内部に湿気を含んだ空気が入ることはありません。
しっかりと密封される設計になっています!

虫とかが入ることも無いので、安心できます!

蓋に防湿剤を入れるケースが付いている

蓋や、内部にトレーがついていたりして、防湿剤を入れておく場所があるものが多いです!

これは正直あってもなくてもいいかなと思います。

湿度計が付いている

ケース内には外から見えるよう湿度計がついているものがあります!

amazonより引用

ぱっと見で、ボックス内の湿度が適正かを確認することができます。

もし、購入したものにない場合は、100均などにも売っています!
それを入れておくことで同じ機能を得られます。

ズボラさん向けの保管方法

先生

ズボラな人には、防湿庫の使用がおすすめやで。
ちょっと高いけど、ほとんど放置で保管できるで!

防湿庫とは

防湿庫:電気の力で温度や湿度調整するもの

僕が実際に使っている防湿庫はこんなんです。

見た目超かっこいいです!

防湿庫にはこんなメリットがあります。

・自動で適正な温度・湿度を保ってくれる
・見た目がカッコいい

自動で適正な温度・湿度を保ってくれる

電気の力で常に一定の温度・湿度を保つことができます

ドライボックスは、あくまで防湿剤での調整のため不安定になることがあります。
ずっと放っておくと防湿剤が湿気を吸収しなくなります。

その点、電気での調整であればコンセントに繋がれている限り半永久的に一定の湿度を保つことができます!

防湿庫のデメリット

防湿庫のデメリットは

電気代がかかる

これに尽きると思います。

ですが、こちらについても、月36円程度です。

消費電力:HOKUTO HBシリーズに搭載された全自動ペルチェ式電子ドライユニットは「超省エネ・エコ設計」1日約1.2円が目安です。(※1kWh=22円 自動制御運転時間を10時間で算出、稼働環境によって少し変動します)

amazon 商品説明文より抜粋

大切なカメラを守るためであれば大した金額ではないと思い僕は防湿庫を選びました!

初心者には不向きと思われるかもしれないですが、効率も良くほぼ放置で完結するので逆に初心者の人におすすめできると思います。

コンパクトなサイズもありますので、是非検討してみてください!

先生

1日1円で大切なカメラ守ってくれるんやったら価値あるで!
定期的に防湿剤変えなあかん手間考えたら初心者にもおすすめやな!

まとめ

今回は、カメラの正しい保管方法について説明してきました。

カメラを正しく保管しないと、あなたの大切なカメラ・レンズにカビが生えてしまい最悪の場合使えなくなってしまいます

是非、カメラを購入した時に一緒に購入を検討してみてください!

ヨドバシカメラであれば、カメラの購入ポイントで交換できる値段なので一緒に入手することをおすすめします。

先生

たっかいカメラカビ生えて使えんくなったら最悪やな。
正しい保管方法でカメラを守っていこうな!カメラは相棒やで!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる