【レンズレビュー】TAMRON150-500mm F5-6.7|最安の購入方法

目次

TAMRON150-500mm F/5-6.7

2021年6月10日発売のTAMRONの長望遠レンズ!

そのレンズについて、僕なりに簡単にまとめて結局買いなのか、見送りなのかを評価したいと思います。

また、初心者におすすめできる理由や、最安で購入する方法をお伝えします!

この記事を読むとこんなことが分かります

・TAMRON150-500mm F/5-6.7について
・結局買いなのか?
・レンズの良い点/イマイチな点
・最安で買う方法

それでは紹介していきましょう!

TAMRON150-500mm F/5-6.7について

結論

僕は、SONYの100-400GMレンズを持っているので見送り。
初心者で望遠に挑戦したい人には、おすすめの1本になる。

僕が見送る理由

僕は、SONYの純正望遠レンズを持っているので、サードパーティ製にあえて乗り換える必要はないと思いました。

TAMRONにすれば400mm→500mmと、100mm焦点距離が伸びますが、現時点ではその100mmが必要になったことがありません!

そのため、今回は見送りを決定しました。

初心者におすすめな理由

初心者におすすめできる理由は3つあります。

  1. 価格が安い
  2. 軽量コンパクト
  3. 撮影できる幅が広い

価格が安い

これはあくまで、他の望遠レンズに比べてと言うことです。

これから、望遠にチャレンジしたいけど純正は高すぎるという人におすすめです。

2021/6/11時点の最安は、143,550のようです。

参考までに、SONYの100-400mmは、246,223円です。(中古でも20万弱)
CANONも100-400mmで、246,380円です。

これらと比べると、TAMRONの安さが分かると思います。

ゆーたそ

純正たけぇ〜!

軽量コンパクト

最近ではコンパクトな望遠レンズが増えてきましたが、このレンズもとても軽量コンパクトです!

長さ:209.6mm
重さ:1,725g

SONYの200-600mmレンズだと、長さ:318mm、重さ2115gです。
SONYの100-400mmとは大きく変わりません!

撮影できる幅が広い

このレンズは、最短撮影距離が0.6mと非常に短いです!

これは、近くの被写体にもピントが合うということです。

最短撮影距離が短いと、撮影の幅が大きく広がります。

本来望遠レンズは、野鳥/風景/月などに使われることが多いですが、ポートレートやマクロ撮影にも使えるようになります。

SONYの100-400mmは、最短撮影距離が約1mです。
1m離れた被写体しか撮れないのですが、TAMRONは60cmで撮れるんです!

色々な被写体を撮れるという意味で、初心者にも使いやすいレンズだと思います。

レンズの良い点とイマイチな点

良い点

初心者におすすめした良い点以外にも、良い点はあります!

  • AF性能が優秀
  • 手ぶれ補正が超優秀
  • フレックスズームロック機構

AF性能が優秀

AF性能も文句なしで速いです!

本体のAF性能にもよりますが、野鳥撮影でも全く問題なく使えます。

手ぶれ補正が超優秀

このレンズ大注目の手ブレ補正の機能!

500mmで手持ち撮影できるほど手ぶれ補正が優秀なんです。

基本的に望遠は、三脚を立てて細かい揺れを気にして撮影するものです。

その点、このレンズは手持ちで取れてしまうというチート級の手ぶれ補正です!

フレックスズームロック機構

簡単に言うと、ズームリングを固定することができます。

この画角で固定して撮影したいという時に使用します!

固定ができないレンズは、レンズの自重や、手が当たってしまったりすることで画角が変わってしまいます。

その点、このレンズの場合は、決めた画角で固定ができるため画角が不意に変わってしまうことがありません!

ゆーたそ

すごく大きなメリット!!って感じではないですが、ちょっとしたストレスを解消してくれる嬉しい機能ですね。

イマイチな点

  • F値がF5-6.7と少し暗い印象

望遠端では、SONYの200-600mmよりF値が大きくなってしまいます。
(FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS)

F値が低いと何が良いかというと、シャッタースピードが稼げることですね!

野鳥撮影などでは、連写速度が重要な要素になるので少しでも明るいレンズの方がいいです。

その点においては、600mmでもF6.3で撮れるSONY純正レンズに軍配が上がります!

最安で買う方法

こちらの記事でも紹介している方法です。

結論

カメラのキタムラPayPayモールを利用する。

カメラのキタムラPayPayモールでレンズを購入すれば、PayPayモールの特典(ポイント)が還元されます!

このレンズで言うと、2021/6/11時点で、7900円が還元されます。

つまり、実質137100円で購入できるんです!

還元率はキャンペーンなどで大きく変わるので、レンズの購入が決まったら、最もお得な期間に購入できるように日々確認しておきましょう。

日曜日は+5%、yahooプレミアム会員は+2%されるので、18000円も還元されます!

あなたのPayPay利用状況などによって還元率は変動しますのでご注意ください!
実際の還元率はPayPayモールから見ることができます!

まとめ

今回は、TAMRONから発売された「150-500mm F/5-6.7」について紹介しました!

  • 超望遠に興味がある初心者におすすめ
  • 性能は文句なしの良いレンズ
  • 野鳥/風景/月以外にもポートレートやマクロにも使える
  • PayPayモールで最安で購入できる

純正にも引けを取らない非常に優秀なレンズだと思います!

今お持ちのレンズで少し焦点距離が足りないといった人は、検討の価値ありだと思います!

僕は、現状400mmで事足りているので、今回は見送ります。

今後、焦点距離が必要になったら検討したいと思います。

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる