【本音】α7Ⅳは実際どうなの?|α7Ⅲと比較してみた

悩む人

α7Ⅳは、前機種のα7Ⅲとどう違うの。
買うならどっちの方がいいんだろう。

ゆーたそ

僕もα7Ⅲを持っている身として気になっていました。
調べながら正確な情報をまとめていきたいと思います。

新しいカメラが発売されると、良いものだという先入観盛り上がりで勢いに任せて購入してしまう人もいると思います。

ですが、α7Ⅳは本当にあなたにマッチしたカメラでしょうか?

僕は、100人が100人にα7Ⅳがマッチするとは思いません!

α7Ⅳをおすすめできる人できない人、その理由について初心者にも分かりやすいよう説明していきたいと思います。

ゆーたそ

α7Ⅲを持っている人は特に必読の内容になっています。

この記事を読むとこんなことが分かります

α7Ⅳのスペックや価格について
α7Ⅳのスペック比較
α7Ⅳのデメリット
α7Ⅳのメリット
あなたにおすすめのモデルはどっち?

それでは、α7Ⅳのカメラのスペックを含め解説していきましょう。

目次

α7Ⅳのスペックや価格について

ゆーたそ

全てのスペックは書ききれないので、重要なポイントに絞って書きたいと思います。

ゆーたそ

全体的にグッと底上げされたような印象です。

中でも、動画性能に関してかなり進化した印象を強く感じます。

α7Ⅳのスペック比較

それでは、α7Ⅲとスペックの比較をしてみましょう。

スペック項目α7Ⅳ スペック値α7Ⅲ スペック値
価格328,900 円(税込)252,868 円(税込)
ボディサイズ
(幅×高さ×奥行mm)
131.3 × 96.4 × 79.8126.9 × 95.6 × 73.7
重さ658g650g
画素数約3300万画素約2420画素
ファインダー解像度369万ドット236万ドット
液晶モニター解像度104万ドット92万ドット
モニター可動方式バリアングルチルト
測距輝度範囲-4~20(F2.0 レンズ)-3~20(F2.0 レンズ)
ホワイトバランスセンサーありなし
タッチ操作メニュー操作、マルチポイントメニュー操作
手振れ補正5.5段5段
アクティブ手振れ補正ありなし
HDMIタイプAタイプD
連写速度~10コマ/秒(圧縮RAW)
~6コマ/秒 (非圧縮RAW)
~10コマ/秒
連続撮影枚数6fps 非圧縮RAW
RAW:1000 非圧縮RAW:1000
10fps 非圧縮RAW
RAW:89 非圧縮RAW:40
ロスレスRAWありなし
動画記録方式MPEG-4 AVC/H.264
MPEG-H HEVC/H.265
MPEG-4 AVC/H.264
動画記録形式XAVC S
XAVC S-I
XAVC HS
4:2:2 10bit
XAVC S
AVCHD
4:2:0 8bit
4K撮影60p UHD ~600Mbps~30p UHD ~100Mbps
クロップ4K 30p なし
4K 60p S35
4K 24p なし
4K 30p ×1.60
カラーコレクションクリエイティブルック 10種クリエイティブスタイル 13種
フォーカスマップ
ブリージング補正
鳥瞳AF
美肌モード
対応なし
α7Ⅳスペック比較表
ゆーたそ

画素数の向上や、バリアングルが僕としては魅力的な部分です。
逆に価格が高いのが気になります。

公式からも動画がアップされているので、興味のある人は見てみてください。

α7Ⅳの位置付けについて

α7Ⅳの位置付けは簡単に言うと以下になります。

  • α7Ⅲからスペックが底上げされた中級者向けモデル
  • α7SⅢに近づいたが及ばない、動画性能
  • α7Ⅲからステップアップしたい人におすすめのモデル
ゆーたそ

動画をメインにしたい人は、α7SⅢがおすすめです。

α7Ⅳのデメリット

ゆーたそ

α7Ⅳのデメリットは1点です。

エントリーモデルにしては、価格が高すぎる。

これからSONYのカメラを使いたいという人に、30万円というのはハードルが高すぎるように感じます。

確かにα7Ⅳはすごくいいカメラですが、初心者には良さが分かりにくいと思います。
写真をメインに使うのであれば尚更です。

α7Ⅲであれば、かなり状態の良い中古で18万円台であります。

中古のカメラを購入するのは怖い、どうやって買えばいいか分からないという人はこちらの記事を読んでみてください。
>>【裏技】失敗しない中古レンズの選び方|最安で購入する方法も紹介

ゆーたそ

レンズを中古価格からさらにお得に購入する方法も書いています。

色んな意味で、初めてのカメラにはα7Ⅲがおすすめです。

ゆーたそ

理由は2つあります

  • 写真はα7Ⅲのスペックで十分
  • α7Ⅳが発売されたことで中古価格が落ちる可能性

写真はα7Ⅲのスペックで十分

初めてカメラを買う上で、あえてα7Ⅳを選ぶメリットは少ないと思います。

確かに、画素数が上がっていたり、バリアングルになっているというメリットはあります。
ですが、そこに10万円以上のメリットを感じますか?

画素数が上がることは良いことだけではありません

ゆーたそ

例えば、暗所での撮影が苦手だったりします

このような事を知らずに「新製品だから」と購入してしまうと、思ったように写真が撮れないといったことになります。

写真性能においては、α7Ⅲにも十分な性能がありますので、初めてのカメラを検討している人にはおすすめです。

α7Ⅳが発売されたことで中古価格が落ちる可能性

新製品が出ると、型落ちモデルの価格が落ちる傾向があります。

ゆーたそ

実際に、α7Ⅲも少し価格が落ちています。

新製品が発売されるこのタイミング以降に購入するのがタイミング的には、ベストだと思います。

α7Ⅳのメリット

α7Ⅳは、先ほどから説明している通りの内容ですがもう一度おさらいすると。

  • 画素数が約2420画素から3300画素になった
  • バリアングルに対応した
  • 動画性能が向上した
  • 動物瞳AFの向上(鳥)

画素数が約2420画素から3300画素になった

画素数が上がると単純に綺麗な写真になります。

綺麗と言っているのは、色味が綺麗という意味ではなく、写真を拡大してもくっきりするという意味です。

2420から3300画素になるとどれくらい綺麗になるのかというと、正直目で見る分には分かりずらいです。

スマホで写真を見る人にとっては、全く分からないレベルです。

ゆーたそ

PCで写真を見る、印刷して飾りたいという人にはメリットが大きいと思います。

バリアングルに対応した

バリアングルというのは、背面モニターをカメラの左側に開いて上下方向に回転できる自由度の高い方式です。

バリアングルとチルト
バリアングルとチルト

バリアングルの何が良いのかというと、高い位置・低い位置から写真が撮りやすい
モニターがレンズ側を向くので、自撮りもしやすい。

バリアングルについては、写真を撮る人・動画を撮る人どちらにとっても大きなメリットです。

動物瞳AFの向上(鳥)

鳥瞳AF
https://www.youtube.com/watch?v=zreZpSXWtiA&t=2s

人間、犬猫に加え鳥の瞳に自動でフォーカスしてくれる機能が追加されました。

ゆーたそ

野鳥などを撮りたい人にとっては、ありがたい機能ではないでしょうか

今まで、モンスタースペックのα1にしかなかった機能が搭載されました。

動画性能が向上した

movie
https://www.youtube.com/watch?v=zreZpSXWtiA&t=2s

α7Ⅲの動画は、一応撮れるぐらいの性能でしたが、α7Ⅳでは使えるレベルに向上しました。

10bit 4:2:2 all-intra 600Mbpsに対応したことや、4K60p撮影が可能になりました。

難しいことはさておき、上位モデルであるα7SⅢなどと近しいスペックになったと思ってもらえればと思います。

バリアングル対応も加わり、かなり動画でも使いやすくなったモデルとなりました!

あなたにおすすめのモデルは

ゆーたそ

実際、あなたにどちらのモデルが合っているかについて

こんな人におすすめというのを簡単にまとめてみましたので是非参考にしてください!

α7Ⅳがおすすめな人
α7Ⅲがおすすめな人
  • α7Ⅲからステップアップしたい
  • 野鳥撮影も楽しみたい
  • 動画で作品を作りたい
  • VLOGに興味がある

    α7Ⅳを見てみる
  • 初めてのカメラが欲しい
  • 値段はできるだけ抑えたい
  • 写真が綺麗に撮れればOK
  • 動画はあまり撮らない

    α7Ⅲを見てみる

一緒に買うレンズは何が良い

カメラを購入するとき、レンズキットはおすすめしません。

初めてのカメラ購入で失敗したくない人、今後も写真を楽見たい人は絶対に読んでおきましょう。
>>【カメラは本体だけ買え】初心者にレンズキットがいらない理由|失敗談あり

じゃあ何のレンズを一緒に買えば良いかというと、中古の小三元レンズです。

理由は、キットレンズに比べ綺麗な写真が撮れ、それほど財布にダメージがなく購入できるからです。

ゆーたそ

ちなみにSONYの小三元レンズはこちらになります。

中古価格では4万円台で売られているので、比較的お財布に優しいレンズです。

中古でレンズを購入するのが不安な方は是非こちらを読んでみてください。
>>【裏技】失敗しない中古レンズの選び方|最安で購入する方法も紹介

ゆーたそ

レンズを中古価格からさらにお得に購入する方法も書いています。

まとめ

今回は、SONYのカメラα7Ⅳについて、前機種のα7Ⅲと比べながら紹介してきました。

新しいから良いに決まってる!盛り上がってるから勢いで購入!と考えていた人に届いて、一度踏みとどまって考えるきっかけになる記事になれば幸いです。

ゆーたそ

この記事を読んだ上で、α7Ⅳの購入をするもよし、α7Ⅲを購入するもよしです!

その他にも、購入に役立つ記事をたくさん書いていますので、是非色々読んでいっていただけると嬉しいです!

あなたにピッタリのカメラが見つかるといいですね!!

そんじゃまた!

ブログ村リンク画像
Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる