【一眼レフ】ボケのある写真の撮り方|カメラのF値でボケ感を決める

まずはじめに

悩む人

一眼レフらしいボケ感のある写真を撮りたい。
どうすればボケを操ることができるの?

ゆーたそ

カメラを持ったら、ボケ感のある写真撮りたくなりますよね!

今回は、一眼レフの醍醐味であるボケ感のある写真の撮り方を紹介したいと思います。

この記事を読めば、スマホでは撮れないボケ感の効いたおしゃれな写真が撮れるようになります。

この記事を読むとこんなことが分かります

・ボケを活かした写真を撮る方法
・ボケを最大限に発揮する写真の撮り方
・ボケの種類について

目次

ボケを活かした写真を撮る方法

ボケのある写真の撮り方については以下の記事でも説明しています!
>>【カメラの撮影モード】各モードの違いとは|初心者におすすめは?

上記関連記事を一言でまとめると以下のようになります。

結論

F値を小さくして撮ると写真はボケます。

F値を小さくすると、ピントが合う範囲が狭くなり、それ以外の場所はボケます!
F値が小さければ小さいほど、ボケ感は強くなります。

ゆーたそ

F値を変更することで、ボケ感を操作することが出来ます。

ボケを最大限に発揮する写真の撮り方

F値を小さくすることでボケ感が強くなると説明しましたが、それだけでは最強のボケは写せません。

よりとろっとろのボケを撮りたい方は、設定だけではなく撮り方も意識しましょう。

撮り方で意識したいポイントは2つです。

  • 被写体にできるだけ近づくこと
  • できるだけズームして(望遠)で撮ること

被写体にできるだけ近づくこと

カメラを被写体に近づけて写真を撮ると背景はボケやすくなります。

背景に何が写っているかわからないぐらいにボカしたいなら、被写体に近づいて撮りましょう。

ゆーたそ

たった1歩か2歩かもしれないですが、それだけで写真の印象は大きく変わります。

これは少し難しいカメラの専門用語で、被写界深度というものが関係します。
初心者の人は、今はまだ理解する必要はありません。

ですが、今後よりボケを細かくコントロールしていきたい人は理解しておくことをおすすめします!
>>【図解】被写界深度とは?レンズやF値との関係性

ゆーたそ

僕も感覚を掴むまですごく時間がかかりました。

できるだけズームして(望遠)で撮ること

持っているレンズの最も望遠端で撮影すると、背景がボケやすくなります。

ズームレンズを使っている場合は、最も望遠(遠くを写せる状態)で撮りましょう。

実際に撮ってみて、もっともっとボカしたいと思うならさらに望遠のレンズを買いましょう。
望遠のレンズじゃなくても、明るいF値の低いレンズでもいいですけどね!

ゆーたそ

300mm以降は異次元の世界が広がってますよ(笑)

ボケの種類

ボケの種類は3つあるのでボケマスターになるため覚えておきましょう!

ゆーたそ

全部読んだあなたはボケマスター認定です

  1. 前ボケ
  2. 後ろボケ
  3. 玉ボケ(丸ボケ)

前ボケ

前ボケとは、被写体より前にボケの対象物を持ってきてボカすことを言います。

詳しくは以下の記事で紹介しています!

前ボケをうまく使うと、迫力ある写真が撮れたり、ふんわりエアリーな可愛い写真が撮れます。
前ボケは、ポートレートより花などの写真によく使われます。

ゆーたそ

色々なシーンで応用できるので覚えておきましょう

後ろ(背景)ボケ

ゆーたそ

後ろ(背景)ボケは、代表的なボケなので知っているかと思います。

後ろボケ:被写体より後ろの背景がボケている写真のことです。

背景ボケは、最近のスマホでも「ポートレートモード」とかでできますね。
しかし、ボケの「とろみ」が一眼レフカメラでは桁違いに綺麗です。

また、ボケ感を自分で自由自在にコントロールできるのが一眼レフの醍醐味だと思います。

撮影方法は、先ほど説明した通りなので試してみてください。

玉ボケ(丸ボケ)

玉ボケ:背景の光源が丸くボケること

ゆーたそ

これめっちゃインスタ映えします!

サンプルの写真としてはこんな感じです。

ゆーたそ

背景に丸いボケがあるのがわかると思います。

冬シーズンは、イルミネーションで電球を玉ボケさせてふわふわした写真を撮ることができます

玉ボケは、F値を小さくして丸くなりそうな光源を背景に持ってくると撮ることができます。

ん?後ろボケと一緒じゃないの?と思われた人、鋭いです!

ゆーたそ

唯一違う点としては、「丸くなりそうな光源」ということ。

丸くなりそうな光源は、電球だけではなく他にもこんな物があります。

  • 水面の反射光
  • 木の葉の間の木漏れ日
  • 夜のビルなどの明かり
玉ボケのサンプル

玉ボケを使うと、印象が柔らかくなり、写真にアクセントが加わります。

イルミネーションを撮る時などでも、ライト1つを撮っても寂しいですよね。
そんな時は、写真全体に玉ボケを入れて、写真中央に被写体を置くと主題が引き立つ写真になります

例えば、こんな写真ですね。

まとめ

今回は、一眼レフの醍醐味であるボケ感のある写真の撮り方について説明しました。

ボケは、一眼レフカメラの最大最強のメリットです。
今回の知識はスマホと大きく差をつけるためにもしっかりと理解しておきましょう!

何かを撮る時は、すぐにカメラを構えるのではなく周りを1度見渡しましょう。
後ろに玉ボケさせることができる光源を探して、背景に玉ボケを入れてみてください!

ゆーたそ

あなたの写真が一気に華やかになります

ぜひ、色んなボケを使った写真を撮って、おしゃれな写真を撮ってみましょう。

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる