【色被りとは】色かぶりを防ぐ方法|写真の色味を正しく補正する 

まずはじめに

悩む人

本来は白い物が、白く写らない…
青っぽく写ってしまうのはなんで!

ゆーたそ

それは、色被りかもね!

写真が思った色味で撮れない、白が白じゃない色で写る…
といったことでお困りの人に向けて色被りを今回は解説します!

できる限り色被りを抑える方法や、補正方法について紹介したいと思います。

この記事を読むとこんなことが分かります

・色被りとは
・色被りしないようにする設定
・色被りの補正方法

それでは解説していきましょう!

目次

色被りとは

色被りは、本来の色よりも赤や青色が濃く写ってしまうことです。

ゆーたそ

今回のために作例を意図的に作りましたので、お見せしますね!

まず、こちらが本来の色だとします。(若干青くなってますが…)

それに対して、こちらが青く色被りをしている写真。

そしてこちらが赤く色被りしている写真です。

色被りをしているかを判断する指標は、白が白く写っているかです。
今回の作例で言うと、雪は本来は真っ白なのに青色や赤色に見えると思います。

この状態のことを色被りしていると言います。
特に、青色に色被りしてる時は青被り赤色に色被りしている時は赤被りと言ったりします。

それでは、なぜ色被りが発生してしまうのかを解説します。

なぜ色被りは発生するのか

簡単に言うと、青いライトの下で白い物を撮ったら当然青くなりますよね、ということです。

カフェやレストランなどは、暖色(赤色)の照明を使っていたり、施設などの照明は寒色(青色)を使ってることが多いですよね。

そのような照明の色などで色被りは発生してしまいます。

太陽光でも色被りはする

カメラマン

じゃあ外で撮影すれば、色被りすることはないのか!

と思われるかもしれませんが、実は太陽光でも色被りは発生します

晴れた日は暖色(赤色)になり、曇りの日は寒色(青色)になります。

人間の目で見るとそれほど差がないように感じますが、カメラは人間の目以上に敏感なのでリアルな色を写し出してしまいます。

ゆーたそ

脳で色補正をかける人間は優秀すぎる!(笑)

それでは、色被りをできる限り防ぐ方法を紹介します。

色被りを防ぐ方法

色被りを防ぐ簡単な方法は、ホワイトバランスオートで撮影することです。

ホワイトバランスをオートで撮ると、カメラが自動で白い物を白く写そうとしてくれます

カメラさん

色味は僕に任しといて!!

ホワイトバランスについてよく分からないという人は、こちらの記事を参考にしてください。

色被りは全くない方が良いのか

1点注意点として、色被りは必ずしも悪いことではないということです。

わざと色被りさせて、写真の表現を強調させることがあります。

例えばこの写真ですが、赤被りさせることで夕焼けを強調して撮影しています。
この場所でホワイトバランスをオートで撮ると、日中に撮ったような白っぽい写真になってしまいます

逆にこの写真は、青かぶりさせて寒い雰囲気を表現しています。
これもオートで撮ると、真っ白に写ってしまいます…

見てもらった通り、必ずしも色被りは悪いものではありません。
そのため何処でもいつでもホワイトバランスをオートで撮れば良いわけではありません

そのシーン、あなたがどのように写したいかを考えて設定するようにしましょう。

色被りを補正する方法

色被りは、撮影後でもRAW現像ソフトを使って補正することが簡単にできます!

僕の使っているLuminar4にも「色かぶり除去」という設定項目があり簡単に補正をすることができます!

ゆーたそ

RAW現像ソフトは、自分の好みの色や
雰囲気に編集できるのですごく便利!!

Luminar4のRAW現像ソフトの簡単な使い方はこちらの記事で紹介しています。

まとめ

今回は、できる限り色被りを抑える方法や、補正方法について紹介してきました。

色被りというと、上級者向けで難しい印象かもしれませんが、そんなことないですよ!

環境によって色が変わってしまう「」をどう白く撮るかって言うだけの話です。

ゆーたそ

ホワイトバランスを、オートではなく自分で白く写るように調整することもできるので挑戦してみてください。

色味を自在に操れると、写真の幅がかなり広がるのでマスターしておくことをおすすめします

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる