【ホワイトバランスとは】色温度で写真の色を調整する方法

悩む人

見たまんまの色で写真を撮りたい。
想像通りの色味で撮りたい。

ゆーたそ

色味を調整するには、ホワイトバランスを理解しましょう!

詳しい知識がなくても問題ないですが、全く知らないと思い通りの色味で写真は撮れません。

幻想的な写真が撮りたい、思い通りの色味で写真を撮りたい人は最後まで読んでください。
設定1つで綺麗な色彩の写真を撮ることができるようになります。

色彩の綺麗な写真
この記事を読むとこんなことが分かります

・色温度とは何か
ホワイトバランスとは
・色被りとは
写真がホワイトバランスでどう変わるか

それでは説明していきましょう!

目次

色温度とは

ゆーたそ

ホワイトバランスの前に、色温度について簡単に理解しましょう

色温度というのは、光の色を数字で表現した値のことです
ケルビン(K)という単位で、数値が小さいほど赤みが強く、数値が大きいほど青みが強くなります。

日中の太陽光が最も白色の光に近く、数値で言うと5500Kぐらいです。
5500Kより低くなると赤くなり、高くなると青くなります。

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスとは、簡単に言うと「色合い」を調整する設定です。

人間の目は、高性能なので白い物を見ると、「これは白だ」と勝手に認識します。
実際は、光にも色がついてるので、太陽に当たると赤く・蛍光灯に当たると青くなります。

ゆーたそ

人間の脳が勝手にフィルターをかけてくれています

カメラの場合は人間の目とは違い、そのままの色で写ります。
そのため、白いものが太陽に当たって赤く写っていたり・青く写ってしまいます。

その赤み・青みを無くし白く写すための設定がホワイトバランスです!

ゆーたそ

設定は、沢山あるので今回は3つに絞って紹介します。

  • 蛍光灯(白色蛍光灯)
  • 太陽光(晴天)
  • 曇り(曇天)

下の表を見てもらったら分かる通り、ブルー系なら蛍光灯で撮れば写真全体が青くなります!

ブルー系(寒色)標準的な色オレンジ系(暖色)
蛍光灯モード太陽光モード曇りモード
ホワイトバランスの種類
ゆーたそ

では、実際に写真がどのように変化するか見てみましょう。

写真の変化

実際に、夕焼けを撮影した写真になります!
かなり写真の印象が変わるので見比べてみてください。

太陽光モード

標準的な色合いで、夜に近づいているような印象が出ています。

曇りモード

圧倒的な夕暮れ感です。

暖かい色になるので、朝焼けや夕暮れを撮る場合は曇りモードがおすすめです!

蛍光灯モード

幻想的な印象ですね。異世界のような写真になっています!

蛍光灯は青みがかった写真になるので、夜景の撮影と非常に相性がいいです。

シーンごと:おすすめの調整方法

朝日/夕日・食べ物は赤みを強くする

朝日や夕日は、普通に撮ってしまうと昼間のような写真になってしまいます。

そこで、ホワイトバランスを「曇り」にして赤みを強くして写真を撮ることで、
朝・夕暮れ感のある印象的な写真を撮ることができます。

夜景は青みを強くして印象的に

夜景や工場のライトが主役になる写真は、青みを強くしてクールに仕上げるのがおすすめです!

RAWファイルは後で編集可能

悩む人

撮るときに色味を考えてられない

ゆーたそ

そんな人には、RAW現像をおすすめします。

写真をRAWで撮影しておけば、帰宅後にホワイトバランスを編集することができます。
>>編集ソフト:Luminar4ユーザーが初心者にも分かりやすく使い方を簡単解説!

JPEGでも後で変更できますが、JPEGを編集すると画質が悪くなってしまうのでおすすめしません。

色被りとは

色被りは、本来の色よりも赤や青色が濃く写ってしまうことです。

色被りをしているかを判断する指標は、白が白く写っているかです。
青色に色被りしてる時は青被り赤色に色被りしている時は赤被りと言ったりします。
>>【色被りとは】色かぶりを防ぐ方法

忠実に色を再現して撮りたい場合

ゆーたそ

本来の色を忠実に撮りたい時もありますよね

そんな時は、シルクグレーカードというアイテムを使う必要があります。

実際に撮影を行う場所で、まずこのシルクグレーカードをホワイトバランス設定をカスタムにして撮ります。
その後、普通に被写体を撮ることで適正なホワイトバランスで撮影ができます。

基準の色(グレーカード)を撮ることで、撮影場所でどれぐらい光の影響を受けているかをカメラで測ります。
それを補正するための設定をカメラが自動でやってくれるアイテムになります。

ゆーたそ

決まった色をその通りに写せるようカメラで設定してくれます

まとめ

今回は、写真の色合いを変えるホワイトバランスについて説明してきました。

設定はすごく簡単ですが写真の仕上がりがかなり変わるので色々と試してみましょう。

まだ覚えることが沢山あってそれどころじゃないと人は、「Autoモード」で撮影しましょう!

ゆーたそ

僕も基本的にAutoモードで撮影してるよ!

でも、ここぞという時だけホワイトバランスを設定して撮影しています。
そんな感じで良い意味で「適当に」設定したら良いと思います。

ホワイトバランスは、どんな撮影の時にでも使える撮影の知識ですので是非覚えておきましょう!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる