【初心者向け】35mm換算とは?計算方法も解説!

まずはじめに

悩む人

カメラを始めるとよく聞く「35mm換算」ってなに…
何を計算してるんですか。数学苦手なんですけど…

先生

35mm換算っていうのは、焦点距離の基準のことや!
センサーサイズで焦点距離が変わるから、基準に合わせるために計算が必要になんねん!
そんな難しくない計算やから覚えときや。

今回は、35mm換算がなぜ必要なのか、その計算方法について説明していきたいと思います。

画角についてよく分からない方は、カメラ用語:画角とはを読んでみてください。

この記事を読むとこんなことが分かります。

この記事を読むとこんなことが分かります

・35mm換算って何?35mm換算が必要な理由
・35mm換算の計算方法

それでは説明していきましょう!

目次

35mm換算

35mm換算とは

35mm換算:焦点距離の基準のこと

35mm換算というのは、焦点距離を統一して表記するための基準となる数値になります!

続きを読む前に以下「フルサイズとAPS-Cの違い」についての記事を読んでおくと理解しやすいので是非読んでおいてください!

35mm換算が必要な理由

センサーサイズが違うカメラの場合、焦点距離が同じレンズを使用しても写る画角が変わってしまうので、レンズの焦点距離の意味が無くなってしまうんです。

Aさんが50mmで撮ってるよ!と言っていたので、Bさんも50mmで写真を撮ってみたけど同じ写真が撮れないということが発生します。

それだと話がしにくいですよね…

そこで35mm換算が登場するわけです!

それぞれが35mm換算に計算して話すことで、統一した焦点距離で話ができるようになります。

先生

みんなで同じ基準で話をするために、35mm換算っていう考え方がいるって訳やな!
これは知らんと、他の人と話できんくなるから知っとかなあかんな!

35mm換算の計算方法

フルサイズの場合

フルサイズの焦点距離を基準としているため、フルサイズ機をお持ちの方は35mm換算の計算をする必要はありません!

フルサイズは計算しなくて良い!
そのままレンズの画角を伝えれば良い!

APS-Cの場合

35mm換算 = レンズの焦点距離 × 1.5

APS-C機をお持ちの方は、レンズに書かれている焦点距離に1.5を掛けた数値が35mm換算の焦点距離になります。

例えば、50mmのレンズであれば、50mm×1.5=75mmとなります。

なので話をする時は「35mm換算75mmで撮ってるよ」というと全ての人に伝わります!

キャノンのAPS-C機の場合のみ、1.6倍になりますのでご注意ください!

マイクロフォーサーズの場合

35mm換算 = レンズの焦点距離 × 2.0

マイクロフォーサーズ機をお持ちの方は、レンズに書かれている焦点距離を2倍したら35mm換算の焦点距離になります。

APS-Cに比べて、2倍なので計算が楽で良いですよね。

僕もOLYMPUSのOMDを持っているので、よく無意識に計算しています。

なので、50mmのレンズの場合は「35mm換算100mmで撮ってるよ」と言えば伝わります!

まとめ

先生

誰に言っても伝わる35mm換算を理解して、いろんな人と喋ってみてな!
「35mm換算〜mmです」って言うと「お!わかってるな」と思って貰えんで!

レンズを選ぶときにも参考になるので、知っておくと便利な知識です!

カメラ初心者の人の参考になれば嬉しいです!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる