【マクロレンズとは?】マクロレンズの種類と魅力|水中マクロ写真お見せします

まずはじめに

マクロレンズが何か、その魅力について紹介します!

新しいレンズを選ぶ時に選択肢となる、マクロレンズについて理解している人は少ないのではないでしょうか?

悩む人

単焦点レンズでも、ズームレンズでもないの?

ゆーたそ

単焦点レンズの中の
ちょっと特殊なレンズのことです。

マクロレンズが何かわからない、マクロレンズの魅力について解説していきたいと思います。

それでは解説して行きましょう!

目次

マクロレンズとは

結論

マクロレンズは、小さな被写体を大きく綺麗に写すことができるレンズのこと。

例えば、以下のようなものを撮る時に使用されます。

  • 花びら1枚
  • 水滴
  • 小魚(昆虫等)
  • アクセサリー

なぜ小さな被写体を大きく写せるのかというと、最短撮影距離が短いからです。

簡単に言うと、被写体にめちゃくちゃ寄って撮ることができます!

僕の持っているマクロレンズだと19cmまで寄ることができます。

マクロレンズは、非常に近くまで被写体に寄ってもピントが合うので、小さな被写体を大きく写すことができます。

以下の記事で、最短撮影距離について解説していますので参考にしていただければと思います。

マクロレンズの種類

マクロレンズにもいくつか種類があります!

  • 標準距離 (50~60mm)
  • 中望遠 (90~135mm)
  • 望遠 (200mm~)

標準

焦点距離が50〜60mmのマクロレンズです。

非常に使い勝手が良い焦点距離のため、基本的に何でも撮れるバランス型です!

初心者でマクロレンズに興味がある人は、まずこちらを購入することをおすすめします。

中望遠

焦点距離が90〜135mmのマクロレンズです。

この画角は、ポートレートにも使いやすい画角です!
そもそもは単焦点レンズのため、単焦点らしい綺麗なボケで写真を撮ることができます。

ポートレートも撮る人には、この画角がおすすめです。

望遠

焦点距離が200mm以上のマクロレンズです。

このレンズは、動物や昆虫などの撮影に使われます。
遠くの2-3m離れた距離から被写体を大きく写すことができるからです!

昆虫などは近づくと逃げてしまうので、そのようなシーンで重宝するレンズです。

中級者以上の人が使うレンズの印象なので、初心者の人にはおすすめしません。

他のレンズと何が違うのか

他のレンズと違う点は主に2つ

  1. 最短撮影距離
  2. 撮影倍率

最短撮影距離

先ほども説明しましたが、マクロレンズは最短撮影距離がとても短いです。

そのため、被写体に近寄って撮影できるため被写体を大きく写すことができます!

撮影倍率

撮影倍率 = 実際の被写体の大きさ : 写真で写る大きさ

  • 実際の大きさと同じ大きさで写れば、1倍
  • 実際の大きさの半分で写れば、0.5倍

シンプルに、数字が大きい方が大きく被写体を撮ることができると言うことです。

ズームレンズは、撮影倍率が0.5以下のものが多いです。
ですが、マクロレンズは撮影倍率が高く1倍の物が多くあります。

0.5倍のレンズと比べると、2倍の大きさで撮影できるんですね!

ゆーたそ

そりゃぁ大きく写るわけだ!

マクロレンズでどんな写真が撮れるか

ではどんな写真が撮れるのでしょうか?
マクロレンズを使うと、このような写真が撮れます!

水中写真で小さな魚を撮る時にも使います!

こちらは、実際に僕が撮影したものです。

ゆーたそ

クマノミの幼魚なんて
小指の爪ぐらいの大きさだったよ!

まとめ

マクロレンズは、被写体を大きく綺麗に写す単焦点レンズです。

  • 最短撮影距離が短く、被写体に寄ることができる!
  • 撮影倍率が高いので、被写体が大きく写る!
  • 単焦点レンズだから綺麗にボケる!

最終的に持っておきたいレンズの1本ですが、初心者が1本目に購入するには少しハードルが高いと思います。

それは、撮影倍率が高いため写りに癖があるのと、価格が高いからです。
僕は、メーカーの撒き餌レンズ等の標準的なレンズが良いと思います。

2本目以降のレンズとして興味のある人は検討してみてください!
マクロの世界は目で見る世界とは別世界なので、また違った楽しさがありますよ。

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる