【写真がぶれる】原因と対策を簡単解説|必要なシャッタースピードの確認方法

悩む人

写真がぶれる原因はなに??
どうすればぶれないようにできる?

旅行で、意気揚々とカメラを持ってきたのに、ぶれた写真しか撮れないと最悪ですよね。
ぶれが発生しないよう、原因と対処方法を知っておきましょう。

ゆーたそ

写真がぶれてばかりだと楽しめないですよね

この記事を読めば、シーンに合わせて設定を変えれるようになるので思い通りに写真が撮れるようになります。

ぶれが発生した時の対処方法が理解できるのでぶれに悩むことはなくなります。

この記事を読むとこんなことが分かります

・写真がぶれる時の対策
・写真のぶれの種類
・写真がぶれる理由

それでは解説していきましょう!

目次

写真がぶれる時の対策

結論から説明すると写真がぶれた時は、以下の設定を変えましょう。

ゆーたそ

今回はおすすめのAモードで説明します。
>>Aモードって何?

結論

・F値を小さくする
・ISO感度を上げる

この設定を変えるだけで写真がブレることはなくなります。

急ぎの人はここまで読んで、とりあえず写真を撮ってみましょう!

そうでない人は、写真がブレる原因をしっかりと理解しておきましょう。
理解しておけば、どんなシーンでもぶれ無く写真が撮れるようになります!

ゆーたそ

理解しておかないと、写真がぶれた時に対応できなくなります

写真のぶれの種類

写真がぶれないようにするために、まず「ぶれの種類」について紹介します。

ゆーたそ

写真のぶれは主に2種類あります。

  • 被写体ぶれ
  • 撮影者の手ぶれ
ぶれの原因
ぶれの原因

被写体ぶれ

被写体ぶれは、被写体が動いてしまうことで発生するぶれのことです。

被写体が素早く動くことが原因です。

動物、子ども、ペット、電車、車などに発生することが多いです。

撮影者の手ぶれ

撮影者の手ぶれは、シャッターを切っている間にカメラが動いてしまい発生するぶれのことです。

撮影中にカメラを持つ手が動いてしまうことが原因です。

暗い場所での撮影や、望遠で写真を撮る場合はぶれてしまいがちです。

写真がぶれる理由

なぜ写真がぶれるのか

写真がブレる理由は、シャッタースピードが遅いからです。

シャッタースピードとは「何秒間シャッターを開けているか」を表す数値です。
カメラは、シャッターを開けている間に写った物が写真になります。

シャッタースピードが1秒の場合、シャッターを開けている1秒間に被写体かカメラが動いてしまうとブレます。

ゆーたそ

手ブレもカメラが動いてしまっているので、動いていないつもりでもブレは発生します。

写真をブレないようにするには

では、写真をブレないようにするためにはどうすれば良いのか。

ゆーたそ

答えは簡単です。

シャッタースピードを速くすればいいです!

シャッタースピードを速くし、シャッターの開放時間を短くすることで写真がブレるのを防げます。

悩む人

具体的にシャッタースピードをどうやって速くするの?

シャッタースピードが遅くなる原因は、カメラに光の量が足りていないからです。
光の量を増やすには、F値を小さくするかISO感度を上げるしかないです。

しかし、ISO感度を上げると画質が悪くなるので、F値だけで対応できるのが理想です!

ゆーたそ

写真が暗くなってもいいなら露出補正をマイナスにするのもあり

F値とシャッタースピードとISO感度の関係性については以下の記事を読んでください。
>>F値・シャッタースピード・ISO感度とは?

ブレないシャッタースピードとは

悩む人

じゃあ何秒にすれば写真はブレないの?

先ほど、シャッタースピードを速くすると言いました。
では具体的にシャッタースピードを何秒にしたらいいか気になると思います。

シャッタースピードが「焦点距離分の1秒」となるようにする。

悩む人

何か計算とか必要そうで難しそう

ゆーたそ

そんなことないです!
とても簡単なので例を挙げて解説します

例えば

50mmの焦点距離のレンズの場合は、1/50秒にする。
150mmであれば、1/150秒にする。
>>【mmとは】カメラ:レンズの画角と焦点距離について解説

これはあくまで参考になりますが、僕はこのシャッタースピードで困ったことはありません!
(Youtuberのゆ〜とびさんもおっしゃていました。)

また、このシャッタースピードはあくまで止まっている被写体を止まって撮影する場合です。
動いている被写体を撮る時は、さらに速いシャッタースピードが必要です。

まとめ

今回は、写真がブレてしまって思い出を写真にできなかったという事態を防ぐために、写真がブレる原因とその対処方法を説明しました。

僕も最初にここでつまづいて、室内撮影は散々な結果となってしまいました。
ですが、この知識をつけたことでブレ知らずの初心者カメラマンへと進化を遂げることが出来ました。

ゆーたそ

初心者の人は感覚を掴むまで少しかかると思います!
僕も3ヶ月ぐらいかかりました。

再度、関連記事の紹介をしておきます!
今回の話と関連性が強いので、一度読んでおくことをおすすめします。

F値・シャッタースピード・ISO感度の関係性をしっかり理解することで、どんなシーンでもしっかりと写真が撮れるようになります

うまく撮れず、スマホで写真を撮るなんてことにならないように、ここできちんと理解しておきましょう!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次