【映え写真】スローシャッターを使って写真にお絵かきする方法!

まずはじめに

まず最初にこの写真を見てください!

ゆーたそ

写真に文字が書かれているのがわかると思います。

これは後から加工した訳ではなく写真を撮る時に描きました!
今回は、こんな感じで好きな文字や、好きな絵を写真に描く方法をご紹介します!

最後に、僕がやってみて思ったポイントも紹介したいと思います!

普通の写真に飽きてきた時の変わり種として覚えておくと意外と盛り上がります。

この記事を読むとこんなことが分かります

・写真に絵や文字を描く方法
・スローシャッター(長秒露光)とは?

それでは説明していきましょう!

目次

写真に絵や文字を描く方法

まずは結論から。

結論

写真に絵を描くには、
①シャッタースピードを遅くして
②シャッターが開いている間にスマホのライトなどを使って絵を描きます。

これだけで実践できる人は、ある程度カメラのことをきちんと理解している人だと思います!

もっと具体的な方法が無いと分からない人は、続きを読んでください。

STEP
シャッタースピードを遅くする

シャッタースピードを遅くするためには、AモードでF値を大きく設定しましょう!

夜間であれば、F14ぐらいにするとシャッタースピードが30秒程度になると思います。

シャッタースピードが30秒というのは、シャッターを押してから30秒間シャッターが開いている状態になるということです!

ゆーたそ

F値を大きくしてもシャッタースピードが遅くならない時は
NDフィルターが必要になるよ!

STEP
絵を描く

スマホのライトをオンにして、カメラに向けましょう!

スマホのライトが通った場所が写真に写るので、ライトで描きたい絵や文字を描きましょう!

ゆーたそ

文字と文字の間に線を入れたく無い場合は、
ライトを手で覆ってスマホを移動させると間に線が写らなくなるよ!

最初の写真は、こんな感じでスマホを移動させて撮りました!

上手く撮るポイント

①背景にふさわしい場所
②人を写したい場合と、写したく無い場合
③シャッタースピードの調整
④1人で撮る方法

背景にふさわしい場所

背景にふさわしい場所のは、明るすぎない場所です。

背景が明るすぎると、シャッタースピードが遅くならず絵を描く時間が確保できません!

また、背景にスマホの光と同じ明るさ以上の光源があると絵が見えにくくなってしまいます。

時間帯については、夜間などの暗い時間帯がおすすめです!

人を写したい場合と、写したく無い場合

人を写したい場合

人も写したい場合は、最初か最後に自分をスマホで照らしましょう!

そうすることで、自分を写真に写すことができます!

人を写したく無い場合

人を写したく無い場合は、絵を描き終わったらフレームアウトしてしまいましょう。

できる限り自分も動いていれば、姿は写りにくくなります!

シャッタースピードの調整

毎回シャッタースピードを30秒で撮影する必要はなく、絵を描くのにかかる時間を設定しましょう!

SSを短くしたい → F値を大きくする
SSを長くしたい → F値を小さくする

1人で撮る方法

この撮影は、できれば2人で行った方が楽ですが、1人で撮ることもできます!

1人の時は、セルフタイマーで撮る!

いたってシンプルな答えですが、1人の時はセルフタイマーを活用しましょう!

もしくは、無線式のレリーズを持っていればそれでシャッターを切ることもできます。

まとめ

今回は、ガッツリ撮影テクニックと言うよりちょっとお遊び的な内容になりました!

たまにはこんなのを撮ってみるのも楽しくて良いと思います!

ゆーたそ

やってみると意外と楽しくて何枚も撮っちゃいます!
上手く描ける人・描けない人が居て、センスが問われる!?

僕は、簡単な文字を描くので精一杯でした…

こんなの描けたぞ!っていう自慢の1作ができたら是非見せて欲しいです!!

Twitterでお待ちしております(ゆーたそのTwitter)

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる