【露出補正】一眼レフでふんわり/ふわふわ写真を撮る設定を紹介

目次

まずはじめに

悩む人

ふわふわしたおしゃれで可愛い写真を撮りたい。
どうやれば撮れるんだろう…?

ゆーたそ

ふわふわの写真憧れますよね!!
僕も大好きです。

そんな人のために、今回はふんわりふわふわの写真の撮り方を紹介したいと思います!

この記事を読むとこんなことが分かります

・ふわふわの写真の撮り方
・設定方法について

それでは解説していきましょう!

一眼レフでふんわりした写真を撮る方法

結論

結論

F値は低くして、露出補正をプラスにする。

カメラマン

たったこれだけでふわふわ写真になるの!?

ゆーたそ

そもそもふわふわ写真ってどんなのか考えてみよう。
そうすれば、必要な設定がわかってくるはず!

ふわふわした写真って?

そもそもふわふわした写真ってなんでしょうか。

ふわふわした写真の定義は僕的にはこんな感じかと思います。

  1. ボケ感が強いこと
  2. 写真が明るいこと

ボケ感が強いこと

ボケ感が強いと、よりふわふわ感が出ます。

ボケ感が強い写真と、弱い写真を並べてみましたので、比べてみてください。

ボケ感を強くするためには、F値を低くする必要があります!

もしわからない人がいれば、この記事を参考にしてください。

ボケ感を強くすることで、ふわっとした仕上がりになることが分かったかと思います!

写真が明るいこと

写真全体・被写体が明るいとふわふわ感がでます!

こちらも、明るい写真と暗い写真を比較を見てみてください。

写真全体が、明るい方がふわふわした写真になるのがみて分かると思います。

写真を明るく撮るには、露出補正をプラスにする必要があります。
(逆光で撮ることも有効です!最後に説明します。)

露出補正について次に説明していきます!

露出補正

露出補正:カメラが判断した適正露出を、あなたのイメージ通りの明るさするための設定です。

例えば、露出補正を0に設定すると

カメラさん

これぐらいの明るさで撮れば良いのかな?
よしっ!パシャ!っと。

といった感じで、カメラが決めてくれた明るさで写真を撮ることになります!

とても優秀なので良いんですが、時にあなたのイメージの明るさではないことがあります。
そんな時に、露出補正を+やーに設定します!

露出補正でどう変わる?

露出補正を変えると、このように写真全体の明るさが変わります。

ゆーたそ

カメラも優秀なので、普段は±0でOK!

露出補正の変え方

露出補正は、設定画面から変更するかダイヤルを回して変更します!
※ダイヤルの有無は機種によります

簡単に変えられるので、同じシーンでどのように写真が変化するか試してみるのも面白いですよ!

ふんわり写真を撮るための設定まとめ

ゆーたそ

じゃあ、ふんわり写真の設定方法をまとめるね!

ふわふわにするためにカメラの設定
ボケ感を強くするF値を低く設定する
写真を明るくする露出補正をプラスにする
ふわふわ設定

これだけの設定でふわふわした写真を撮ることができます!
ですが、もう1つだけ追加要素を紹介したいと思います。

追加要素(逆光)

さらに写真全体を明るくするために、逆光で撮りましょう!

逆光で、露出補正をプラスにして撮影すると、非常に明るい写真になります!

動物の毛並みがふわっとした印象で撮ることができ、写真が柔らかい印象になります。

逆光については、こちらの記事で解説しています。

まとめ

今回は、ふんわりした写真を撮る方法を紹介しました。

  1. ボケ感を強くするためにF値を低くする
  2. 写真を明るくするために、露出補正をプラスにする
  3. 逆光で写真を撮る

このようなことを意識して、写真を撮ることでふんわりした写真を撮ることができます!

この撮影方法は、動物だけでなくどのようなシーンでも活用することができます。

ふわっとした印象の写真を撮りたい場合は、試してみてください!

ゆーたそ

僕はふわふわ大好きなので、よくこの設定で撮ってるよ!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる