【一眼レフ】残像を残した写真を撮る方法|邪魔な人を消す撮影方法も紹介

まずはじめに

悩む人

綺麗な風景なのに、人がたくさん居ていい写真が撮れない…

ゆーたそ

有名な観光地だとあるあるですよね。
そんな方に向けて、その人を活かす方法と消す方法をご紹介します!

今回は、人の姿を活用して写真のアクセントにする方法と、消してしまう方法を紹介します!

人が大勢いる写真を撮ると、ただの記念写真になってしまいますよね…

そうならないためにとても重要な知識になるので是非参考にしていただきたいと思います。

この記事を読むとこんなことが分かります

・残像を残した写真を撮る方法
・人を消す撮影方法

それでは解説していきましょう!

目次

残像を残した写真を撮る方法

結論

被写体ブレを意図的に発生させるように設定し、撮影します。

悩む人

ん〜、と言われても具体的にどうしたらいいの?

という人も多いと思いますので、1から丁寧に解説したいと思います。

撮影方法

STEP
カメラを設定する

カメラは以下のとおり設定しましょう。
 ・Aモード
 ・ISO感度は最小値
 ・シャッタースピードが1秒になるようにF値を設定
 (シャッタースピードが長くなってしまう場合は、ISO感度を上げる)

STEP
三脚を設置する

シャッタースピードを1秒にするので、手持ちではなく三脚を用意しましょう。
手持ちで撮ると、人以外もブレてしまいます。

STEP
撮影する

後は、人が通ったタイミングでシャッターを切りましょう!

カメラの設定方法がわからないという人は、以下の記事で詳しく説明しています。

なんでそんな写真が撮れるのか

シャッタースピードを1秒に設定する理由は、意図的に人の動きをブラすためです。

シャッタースピードを遅くすると、その間に動いたものはブレます。
シャッタースピードを1秒に設定することで、1秒間に人が動くと人の姿はブレます。

そのことを利用して、わざとシャッタースピードを遅くして残像を残した写真を撮るというわけです。

人以外の場所は、三脚を立てているので全く動かずブレずに撮ることができます!

なぜ1秒に設定するのかというと、1秒以上に設定すると人の姿が消えてしまうからです!
ちょうど良いブレ具合は調整する必要があります。

人の動く速度に合わせてシャッタースピードを設定する必要があります。

人の動きが早い場合は、シャッタースピードを少し早めに設定しましょう!
逆に遅い場合は、シャッタースピードを遅めに設定しましょう。

人を消す撮影方法

残像を残した写真を撮る方法を応用します。

先ほど撮影した方法のシャッタースピードを長くすることで、人の姿を消すことができます!

つまり、シャッタースピードを1秒から8秒などに変更するということです!

シャッタースピードを8秒に設定すると、人間はブレ過ぎることで消えてしまいます!

このテクニックを使うことで、
多くの人が写ってしまうシーンでも人が写っていない写真を撮ることができます!

ゆーたそ

わかりやすく若干人が写っている写真を用意しました!

この写真を見てもらったら分かると思いますが、赤枠内に人がいましたがブレてほぼ消えています。

左の人は、シャッタースピード8秒の間にほぼ動かなかった人です!
ほぼ動かないと、ブレずに写真に写ってしまいます。

そのため、全く人を写したくない場合はできる限り長いシャッタースピードに設定しましょう。

まとめ

今回は、残像を残した写真の撮り方を紹介しました!

  • 被写体ブレを意図的に発生させるように設定し撮影する。
  • シャッタースピードを8秒ぐらいで設定する。
  • 人は動いてブレるので残像が残る。
  • 人の姿を消すには、できる限り長いシャッタースピードにする。

観光地など、人の多い場所で使える撮影テクニックなので是非習得しておきましょう!

シャッタースピードを長くして撮影することを長秒露光と言いますが、長秒露光についてはこの記事でも解説しています。

また、長秒露光を使うと写真にお絵描きすることもできます!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる