【水の流れを糸のように】滝の写真の撮り方|シャッタースピードの設定方法

まずはじめに

悩む人

滝の流れを糸のようにして写真を撮りたいけど、設定も何にもわからない、どうやったら良い感じに撮れるの?

ゆーたそ

SNSで見る滝の流れが糸のようになっている写真撮りたいですよね

今回は、こちらの写真のような滝を糸のように綺麗に撮る方法を解説したいと思います。

この記事を読んで貰えば、簡単に滝を綺麗な糸のように撮れ、ワンランク上の写真に仕上げることができます。

この記事を読むとこんなことが分かります

滝の写真の撮り方
滝を撮影するときのポイント

それでは解説していきましょう!

目次

滝の写真の撮り方

結論

滝の写真は、シャッタースピードを意識して撮りましょう。

滝を糸のように撮りたい場合は、シャッタースピードを1秒以上にしましょう。
1秒以上にすることで、滝を糸のように撮ることができます!

それでは、ステップごとに設定方法を説明したいと思います。

滝を糸のように撮る手順

滝を撮る時の設定
STEP
カメラの設定

カメラは以下のとおり設定しましょう。
 ・Aモード(絞り優先)
 ・ISO感度は最小値
 ・シャッタースピードが1秒以上になるようにF値を設定

ゆーたそ

F値はF8.0前後がおすすめですが、周囲が明るすぎてシャッタースピードが早くなってしまう場合はNDフィルターを活用しましょう!

NDフィルターを使用すると、レンズに入る光量を減らすことができるので、シャッタースピードを強制的に遅くすることができます。

どのNDフィルターを買えば良いのか、もう少し詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

STEP
三脚を設置する

シャッタースピードを1秒にするので、手持ちではなく三脚を用意しましょう。
手持ちで撮ると、ブレブレの写真になってしまいます。

シャッタースピードが、1秒以上の撮影の場合は三脚は必須です!

重い三脚を持ち運びたくないという人は、僕が使っている超おすすめの軽量な三脚がありますので是非参考にしてみてください。以下記事で紹介しています。

STEP
撮影する

滝にピントを合わせてシャッターを押して撮影しましょう!
三脚を使用している時は、レリーズを使用するかタイマー機能を使用しましょう。

ゆーたそ

シャッターボタンを押す瞬間の振動で、写真にブレが発生してしまうのを抑える効果があります。

滝の撮影に限らず、三脚を使った撮影の際は必須になるのでしっかり覚えておきましょう。

STEP1の「F値をシャッタースピードが1秒になるように設定」というのが分からない方は以下の記事で学んでおくことをおすすめします。

カメラ上達には欠かせない基礎知識になります。

滝を撮影するときのポイント

  • 前景を意識する
  • 全体のバランスを意識する
  • ホワイトバランスはAutoか太陽光モードに

前景を意識する

滝を撮影する時は、滝だけを撮っても良いですが、前ボケが意識できるとワンランク上の写真を撮ることができます。

滝の前ボケでよく使われるのは、岩や木、草などです。
カメラと滝の間に入れることができそうな物がないか、撮る前に探してみましょう。

バランスよく前景として取り入れるよう意識してみましょう!

全体のバランスを意識する

滝の撮影で非常に重要なのが、全体のバランス感です。
滝だけではなく、風景写真では特にバランス感が非常に重要になります。

滝が真っ直ぐでなかったり、周囲の木や岩が傾いていると、締まりのない写真になってしまいます。

ここに2つの写真を用意してみました。

ゆーたそ

どちらの方が良く感じるでしょうか?

明らかに1枚目の方が良い写真に感じると思います。
理由は、水平が保たれており違和感を感じないからです。

2枚目は、どこが悪いと指摘するのは難しいかもしれませんが、何か違和感を感じると思います。

ゆーたそ

これが、写真においてのバランス感(構図)の大切さなんです

滝を撮る時は、左右の二分割構図などを意識して撮影してみましょう!

ホワイトバランスはAutoか太陽光モードに

ホワイトバランスは、基本的に太陽光モードで問題ありません

ですが、周囲の環境によっては「Auto」の方が滝の白さが強調される場合があります。

周囲の環境によるのでどっちが良いとは言えませんが、両方撮ってみてより水の白さが綺麗に写る方で撮影しましょう。

こちらを見てもらうとわかる通り、太陽光モードで撮影した写真は少し濁って写っています。

そのため、直ぐにAutoに変更し撮った写真が2枚目になります。

ゆーたそ

臨機応変にね!

まとめ

今回は滝の水の流れを糸のように撮る方法を紹介してきました!

  • シャッタースピードは、1秒以上で撮影する
  • 手ブレを防ぐため、三脚を必ず使用する
  • 前景を意識して撮る
  • 全体のバランスを意識して撮る
  • ホワイトバランスはAutoか太陽光モードに

僕は、滝を見るのも撮るのも好きなので、今後もっと色んな滝を訪れたいと思っています。

わざわざ滝のある場所に行って、綺麗に滝の写真が撮れるとすごく写真を楽しんでるという充実感があります!

ゆーたそ

日常的な景色を切り取るのももちろん楽しいですが、たまには、わざわざ行かないと撮れない被写体もおすすめです。

以前に、滝の写真を撮った際の経験をもとに、滝の撮り方をより具体的に紹介した記事がありますので是非そっちも参考にしてください!

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる