【スナップ写真とは】おすすめのレンズや10のコツを紹介!

悩む人

スナップ写真ってどう言う意味?

ゆーたそ

確かに僕も正確な定義は考えたこともなかったです

ということで今回はスナップ写真について解説したいと思います。

スナップ写真ってどんな写真のことなんだろう。どうやったら上手く撮れるんだろう。
このような疑問を解決する内容になっているので、是非最後まで読んでみてください!

この記事を読むとこんなことが分かります
  • どんな写真をスナップ写真と呼ぶのか。
  • スナップ写真を撮るためのおすすめのレンズ。
  • 作品のようなスナップ写真を撮るコツ。

それでは解説していきましょう。

目次

スナップ写真とは

日常の中で、目の前の光景や出来事、人物などを一瞬のうちに素早く撮影する撮影技法、またはそうして撮られた写真のこと。

コトバンクより
ゆーたそ

日常をパッと撮った写真のイメージですね。
ストーリー性を感じる写真も多いです!

細かい定義は無いので、あなたがスナップ写真と思うものをスナップ写真と呼んで大丈夫です。

ポートレートとの違いは

スナップ写真と似た言葉で、ポートレート写真というものがあります。

これらの何が違うかと言うと、人が撮られるために存在しているかどうかです。

  • スナップ写真は、撮られるために存在していません
  • ポートレートは、撮られるために存在しています

スナップ写真は、たまたまそこに居た人(知らない人)を撮っていますが、ポートレートは準備した被写体(知っている人)を撮っています。

ゆーたそ

作例を比べてみると分かりやすいと思います

スナップ写真の例

事前に準備した被写体の人を撮るわけではなく、たまたまそこに居た人を撮っています。

ポートレート写真の例

ポートレートは準備した被写体の人を主題として写真を撮っています。

スナップ写真におすすめのレンズ

スナップおすすめ

スナップ写真を撮るのにおすすめのレンズは、焦点距離が50㎜前後のレンズです

一般的に、50㎜は人間の視界の広さと同じぐらいと言われています。
そのため、あなたがみている景色をそのまま写真にすることができます。

広角レンズや望遠レンズも良いですが、スナップより作品撮りのイメージが強くなります。

スナップはあくまで「日常を切り取る」ことが目的なので最も扱いやすい50㎜前後がおすすめというわけです!

初心者におすすめのレンズ

初心者には各メーカーから出ている撒き餌レンズがおすすめです。

ゆーたそ

F値の低いレンズが格安で手に入るので、非常におすすめです。

スナップ写真にも使いやすく、今後ポートレートや風景写真を撮る際にも重宝するレンズです。

撒き餌レンズについてはこちらの記事で紹介しています。
>>撒き餌レンズとは|メリットとデメリットを紹介

あなたのカメラに合う撒き餌レンズは、こちらでチェックしてみてください。

SONYユーザーにおすすめの神レンズ

SONYユーザーには僕も使っているこの神レンズが、まじでおすすめです!

このレンズを知ると、絶対に欲しくなります。
圧倒的な描写力Zeissならではの色味美しすぎるボケと何を取っても一級品です!

このレンズのレビューは、こちらにあるので気になる方はチェックしてみてください。

スナップ写真を撮るコツ10選

スナップ写真のコツ
ゆーたそ

スナップ写真を撮るコツは色々あります。

  1. カメラは常に首か手に
  2. 光源を探す
  3. アングルを変えてみる
  4. 設定はAモード
  5. F値を意識する
  6. 動きのあるものは連写で撮る
  7. 構図はシンプルにする
  8. 良いと思ったものは写す
  9. レタッチを楽しむ
  10. 普段から色々と観察する

ひとつずつ分かりやすくコツを紹介していきます。

カメラは常に首か手に

シャッターチャンスは案外身近にあるものです。
しかもそのシャッターチャンスが一瞬のこともあります。

リュックの中にカメラを入れていては、即座にシャッターを切ることができず、折角のシャッターチャンスを逃してしまいます。

そんなことにならないように、スナップ撮影すると決めた日は常にカメラを持っておきましょう。

悩む人

でも首痛くなるじゃん

ゆーたそ

僕も同じ悩みがありました…
でも最高のアイテムに出会いその悩みは解決!

そんな超おすすめのアイテムが、PeakDesignから販売されています。

それがこちら

これを使えば、リュックや腰にカメラを取り付けることができ、首が痛くなるという不満を解消することができます。

PeakDesignのキャプチャーボードのレビュー記事はこちらです。

光源を探す

悩む人

スナップ写真って何を撮ればいいか分からない

そんな悩みを持っている人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが、街中の光源を探してみることです。

例えば、太陽光・看板・街灯・ライトなど。
探してみると案外身の回りにたくさんあります。

その光源を絡めた写真を撮ってみると、エモい感じの写真が撮れて楽しいです。

撮るもの無いな、何を撮れば良いんだろうと迷った時は光源を探してみましょう!

アングルを変えてみる

何か良い写真撮れないなと思うときは、アングルを変えてみましょう。

ゆーたそ

僕のおすすめは、しゃがんで地面スレスレから撮ること。

普段見ることができない非日常的な写真を撮ることができるので、良い写真になりやすいです。

マンホールですらこんなにもカッコよく撮ることができます。

写真にインパクトがないなと思った時は、カメラを地面に近づけて撮ってみましょう。

アングルを変えるだけで、写真の印象は変わるので、ちょっと変わったアングルから撮るのがおすすめです!

設定はAモード

設定はAモードがおすすめです。

スナップ写真を撮る上で最も意識したいのは、ボケ感です。

Aモードはボケ感を自分で決めることができるので、初心者にも非常におすすめです。

F値とISO感度だけを決めて、ボケ感のある良い写真を撮りましょう!

Aモードなんて知らないよという人はこちらをチェック

F値を意識する

さっきのAモードで撮るのと重複しますが、ボケ感を操作するにはF値を意識する必要があります。

  • 何か1つの物(被写体)が良いと思ったら、F値は小さくして背景をボカします。
  • 街の雰囲気全体が良いなと思ったら、F値を大きくして街全体にピントを合わせます。

例えば、街を歩いていたら猫がいたとしたら…
猫を主題にして引き立たせるために、F値を小さくして撮るとこのような写真が撮れます。

前景・背景は綺麗にボケていて、主題の猫が引き立っているのが分かると思います。

逆に、街の雰囲気を伝えるためにF値を大きくすると、こんな感じの写真になります。

写真の隅々まで、パッキパキにピントが合っていて街全体の雰囲気が伝わってくると思います。

このようにして、撮りたい被写体・雰囲気によってF値を使い分けることを意識しましょう!

F値についてはこちらの記事で解説しています。

動きのあるものは連写で撮る

スナップ写真は、人物・動物・乗り物など動きのある被写体を撮ることが多いです。

そんな時に、設定しておきたいのが連写モードです。

1枚1枚撮ると、ピントがズレている・思ったタイミングでシャッターが切れていなかったということが起きます。

その点、連写だと撮影後に、ピントの合っている写真・タイミングよく撮れていた写真を選ぶことができます。

連写をすると、SDカードの容量が無くなったり、保存に時間がかかったりと気になることもあると思います。
そういう時は、予備のSDカードや転送速度の速いSDカードを準備しましょう!

SDカードの規格やおすすめのSDカードはこちらで紹介しています。

構図はシンプルにする

スナップ写真は、色んな物が写ってしまうため構図が重要になります。

僕も良くする失敗で「何を撮りたかった写真なのか全く伝わらない」写真を撮ってしまいます。

そんな時に役に立つ知識が「構図」です。

特に、日の丸構図三分割構図額縁構図は簡単に真似ができるのでおすすめです。

ゆーたそ

スナップ写真は三分割構図が使いやすいです

何か撮る時に適当に撮るのではなく、構図に当てはめて撮ってみると良い写真が撮りやすいです。

どんな構図があるんだろうと興味のある方は、こちらを是非チェックしてみてください。

良いと思ったものは写す

ゆーたそ

これは文字通り、良いと思ったものは撮っておきましょう。

これには2つ理由があります。

  1. それが撮れるのは今だけかもしれない
  2. レタッチで良くなる可能性がある

それが撮れるのは今だけかもしれない

良いなと思う理由には、光の当たり方や色合いなどがあります。
それらは、今だからその光の当たり方や色合いの可能性が高いです。

やっぱりさっきの場所が良かったから撮りに戻っても、同じ写真が撮れるとは限りません。

何か良いな!」そう思った時にはシャッターを切っておきましょう!

ゆーたそ

僕も何度も後悔したので、本当に撮っておきましょう…
消すのは簡単ですし!

レタッチで良くなる可能性がある

撮ったその瞬間は、イマイチだと思う写真もたくさんあります。

ですが、家でトリミングして現像すると、イマイチな写真が化ける可能性は大いにあります。

ゆーたそ

例えばモノクロにしたり、色合いを変えたり、切り取ったり…

この写真も、色が気に入らなかったのでモノクロにレタッチしてみました。

レタッチ比較

レタッチは後からいくらでも出来るので、とりあえず良いと思ったものは撮っておきましょう!

レタッチを楽しむ

さっきの話に繋がりますが、レタッチは写真を楽しむ上で挑戦してみて欲しいことの1つです。

レタッチには賛否両論ありますが、僕は自己満足の世界で写真をしているのでお構いなしです(笑)
何なら、レタッチまでして作品の出来上がりだと思っています。

要らないものは消せばいい、色は変えればいい、サイズも変えればいい!

色んなレタッチをしてみて、あなたらしい写真・作品を作ってみてください!

撮るだけだった写真の楽しさが、さらに楽しくなること間違いなしです

僕が使っているレタッチソフトはLuminar4というソフトです。
Adobe製品と比べ、買い切りなので初心者の人でも手を出しやすいソフトです!

Luminarの製品レビューはこちら

普段から色々と観察する

スナップ写真は「何か良いなを探す」遊びです。
逆に言うと、「何か良いな」を見つけられないと写真を撮れません。

普段カメラを持っていない時から、何かないかな・これを撮ったら良さそう!と、被写体を探す練習をしましょう。

いざスナップ写真を撮る時に被写体を見つけられるようになるので楽しく撮影ができます。

ゆーたそ

撮るもの無い〜!って言うのはかなりストレスです…

必死に意識して探す必要はありません。
写真にしたらどんな感じかなと、ふわっとイメージするだけでも練習になりますよ!

まとめ

今回はスナップ写真について紹介してきました。

今回の内容
  • どんな写真をスナップ写真と呼ぶのか。
  • スナップ写真を撮るためのおすすめのレンズ。
  • 作品のようなスナップ写真を撮るコツ。

・スナップ写真は、日常をパッと撮った写真のこと。
ポートレートとの違いは、人を準備したか、そこに居た人を撮ったかどうか。

・おすすめのレンズは、50㎜前後の焦点距離のレンズ。
初心者は撒き餌レンズ、SONYユーザーはSEL55F18Zがおすすめ!

・コツは10の方法を紹介しました!
試しやすいところから、少しずつ挑戦してみてください。

スナップ写真は、気軽に楽しめるので初心者の人にも非常におすすめです!

ゆーたそ

是非、色んな写真を撮ってみてくださいね

ブログ村リンク画像

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる