【一眼レフ】ISO感度をどこよりも分かりやすく解説|設定の目安やノイズについて

まずはじめに

悩む人

カメラの設定にあるISO感度ってなに?
暗い場所で写真を撮ると、パシャっていって画面が真っ暗になってしまう…

ゆーたそ

僕もISO感度は理解するまでに時間がかかりました。
というのも、どのサイトも説明が難しいんです。
ポイントだけ教えて欲しいんだよ!と思っていました。

今回は、ISO感度についてどこよりも簡単にどんなものなのかについてポイントを絞って解説していきたいと思います。

この記事を読むと、ISO感度が理解できて、暗い場所でも思い通りに写真を撮れるようになったり、動きのある被写体をピタッと止めて撮れるようになります!

この記事を読むとこんなことが分かります

・ISO感度とは
・ISO感度の設定にはどんな意味があるのか

それでは解説していきましょう!

目次

ISO感度とは

ISO感度は、イソカンド・アイエスオーカンドと読み、カメラが光を感じる度合いを設定できます。

結論

結局何なのかというと、暗い場所でも明るい場所と変わらず撮れるようにする設定のことです。
暗い場所で写真を撮るときはISO感度を高い値にすれば、昼間と同じように写真を撮れるようになります!

じゃあ、常にISO感度は高くしておけばいいじゃないか、と思うかもしれませんがそれは間違いです。

なぜかと言うと、ISO感度を上げると画質が悪くなってしまうからです。
ISO感度を高くすると、どのように画質が悪くなるのか見ておきましょう。

ノイズについて

画質が悪くなると先ほど言いましたが、正確にはノイズが発生すると言います。

実際にノイズが発生した写真としていない写真を比較してみましょう。

少し拡大してみます。

見ての通り、後の写真の方が表面がザラザラしていると思います。
このザラザラをノイズと呼びます。

ISO感度を上げれば上げるほど、このノイズが発生しやすくなるので注意しましょう!
どうしても必要な時以外は、小さい値にしておく必要があります。

どんなときにISO感度を調整するのか

じゃあどんな時にISO感度を調整すれば良いのか気になると思います。

答えを言ってしまうと、手ブレする時・パシャっていって画面が真っ暗になる時です。
どちらもシャッタースピードが遅すぎることが原因です。

カメラは光の量が足りなくて写真が撮れない時は、シャッタースピードを遅くすることで光の量を確保しようとします。
その結果、手振れしてしまったり、画面が真っ暗で数秒後に真っ暗な写真が撮れてしまいます。

そうならないように、ISO感度を高くします。
ISO感度を上げてカメラの光を感じる度合いを高めることで、シャッタースピードが速くなります。
その結果、手ブレもしないし画面が真っ暗にもなりません。

悩む人

でも、ISO感度を上げるとノイズが発生するんでしょ?
ISO感度を上げずに何とかならないの?

ゆーたそ

何とかする方法はあります!
それは三脚を使う方法ですね。

三脚を使うことで、シャッタースピードが遅いまま写真を撮れるようになります。
三脚の使い方については、この「【三脚の必要性】初心者におすすめの軽量・コンパクトな三脚を紹介!」で解説していますので参考にしてみてください。

ISO感度を設定する目安

  • 暗い場所での撮影:ISO 400〜12800
  • 明るい場所での撮影:ISO 100(最小値)

おおよその目安を示しましたが、あなたが撮ろうとされている環境に合わせて調整してください。

意識すべきことは、手ブレせずに撮れる最も小さいISO感度に設定するということです!

初心者におすすめな設定

初心者の人は、ISO感度の設定を「Auto」にしましょう。
Autoとはカメラが勝手に良い感じにISO感度を設定してくれる便利な設定です。

初心者の内は、F値など色々考えなきゃいけないことが多いのでISO感度どころではないと思います。

カメラの操作に慣れるまで・設定を理解できるまでは「Auto」をおすすめします。

僕は、最近までずっとISO感度はAutoで撮っていました!
Autoにしたからと言って、写真の質が落ちたりというデメリットはなかったです。

まとめ

今回は、ISO感度をどのサイトよりも分かりやすく初心者の人向けに解説してきました。

  • ISO感度は高くすると、暗い場所でも明るい場所と同じように写真が撮れるようになる。
  • ISO感度を高くすると、ノイズが発生してザラザラした写真になる。
  • 手ブレしない最小のISO感度で撮影するのが良い。
  • 初めの内は、Autoで設定しておく。

これだけのことなのにと今では思いますが意外と、これを考えずに感覚で理解できるのに時間がかかりました。
それは、「光の量が足りないと写真は撮れない」ということが理解できていなかったからだと思います。

次のステップとして、F値やシャッタースピードやISO感度の関係性、
光の量を確保するためにどのような設定する必要があるのか
を理解する必要があります!

F値やシャッタースピードやISO感度については、「【超重要】F値・シャッタースピード・ISO感度とは?|設定は3Stepで決められる!」で解説していますので、より理解を深めたいという人は読んでみてください。

そんじゃまた!

Profile
大阪でSEをしている初心者カメラマン[ゆーたそ]です。
ScubaDivingで海の生物を撮り始めたことをきっかけに、本格的に写真を撮ることにハマりました!
撮影機材は、SONY α7ⅲをメインで使っています。
カメラを始めたい・最近始めたけど他のサイトは専門的過ぎて分からない!もっと初心者でも分かりやすく簡単に説明して欲しい。という声に応えるためにこのブログを運営しています。

PVランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる